• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

離婚とお金Money

離婚慰謝料について

-- 離婚の際の慰謝料とは?

離婚の際に慰謝料を請求したいと思っても、どんな場合にできるのか、いくらくらいもらえるのかが分からないという方が多いと思います。適切な額の慰謝料を請求するためにも、慰謝料について知っておくことが重要です。

-- 慰謝料とは

離婚の際の慰謝料とは、相手方の有責行為(浮気や暴力など)によって離婚を余儀なくされたために被る精神的苦痛に対する損害賠償のことです。慰謝料請求の原因としては、不貞、暴力、性生活の問題、悪意の遺棄、協力義務違反などが挙げられます。

ただし、有責行為があったとしても、その程度によっては、慰謝料を支払わせるほどではないと判断され、慰謝料請求が認められない場合もあります。

夫婦のどちらにも浮気や暴力などの決定的な理由はないけれど、性格の不一致で離婚する場合のように、離婚がいずれの責任ともいえないような場合は、慰謝料請求をすることができません。

慰謝料請求できるかどうかという点については、微妙な判断を伴うことが多いので、是非一度弁護士にご相談下さい。

-- 慰謝料額の算定基準、相場

慰謝料額の相場としては、100万円から300万円の相場であることが多いです。

ただし、婚姻費用や養育費と異なり、離婚に伴う慰謝料には、いわゆる算定表というものはありません。そのため、慰謝料の額は、様々な事情を考慮して総合的に判断されます。

具体的事情にもよりますが、有責性の原因、有責性の高さ、精神的苦痛や肉体的苦痛の大きさ、婚姻期間や年齢の高さ、未成年の子の有無、有責配偶者の資力、社会的地位の高さ、無責の配偶者の資力の有無、財産分与による経済的充足の有無などが基準となってきます。

-- 慰謝料請求の方法

慰謝料請求は最終的に民事訴訟によって解決するものです。もっとも、離婚に伴う慰謝料請求は、夫婦間の離婚に密接に関連する事項なので、調停前置主義の適用を受け、訴訟を提起する前にまず家事調停を申し立てる必要があります。

離婚に伴う慰謝料請求を財産分与の請求に併せてその手続の中で行うことも可能であり、最近では、この方法による解決が増えています。

-- 慰謝料請求の時期

慰謝料請求は、3年で時効にかかってしまうので、離婚が成立してから3年を経過してしまうと、原則として慰謝料を請求できません。

もし、時効完成間際であれば、時効の中断の手続などを採る必要があるので、是非お早めに弁護士にご相談下さい。

ご相談までの流れ

「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚弁護士の解決事例一覧へ

初回60分まで
無料法律相談実施中!

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

0120-272-585
無料法律相談のご予約

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚相談

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス