解決事例

10年続いた夫の不倫、不倫相手に慰謝料を請求したい。
  • ご相談者
  • 年齢:40代
  • 性別:女性
  • 婚姻期間:20年以上

ご相談までの経緯・背景

Aさんは、10年前から夫の不倫に悩んできました。
不倫相手Bには、何度も夫と別れてほしいと懇願し続けてきました。

しかし、不倫相手Bは、その場では約束しますが、不貞関係(不倫・浮気)は依然として続けていました。

あまりに長い間の不貞関係(不倫・浮気)が続いたため、Aさんとしては何らかのケジメをつけたいと考え、不倫相手Bに対して慰謝料を請求できないだろうかとご相談にいらっしゃいました。

解決までの流れ

Aさんは、長年続いた不貞関係(不倫・浮気)が口約束だけで済むとは思っていません。書面などでしっかりと約束すること、ケジメとして慰謝料を支払ってもらうことを望んでいます。

弁護士は、慰謝料の合意を含めた示談書を作成することを求めることとし、不倫相手Bに対して、慰謝料を請求する通知をしました。

結果・解決ポイント

交渉の結果、不倫相手BがAさんに慰謝料150万円を支払うことで合意となり、後日、示談書が交わされました。
不倫相手Bは、Aさんに謝罪し、慰謝料が一括で支払われました。

担当弁護士
Authense法律事務所
弁護士 
(第二東京弁護士会)
中央大学法学部法律学科卒業、中央大学法科大学院法務研究科修了。離婚、相続などの家事事件を中心に、顧問業務を主とした企業法務、一般民事事件や刑事事件など幅広い分野を取り扱う。離婚事件では、慰謝料、子の引渡し、親権などの解決実績を持つ。また、企業法務や一般民事事件では、訴訟を数多く経験し、訴訟対応を得意とする。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様