解決事例

妻からの離婚調停申し立てで高額な財産分与を求められている。

  • ご相談者
  • 年齢:50代
  • 性別:男性
  • 婚姻期間:30年
  • 子ども:あり
慰謝料を請求された(慰謝料被請求)

ご相談までの経緯・背景

家庭内別居状態の妻から、離婚調停を申し立てられました。
暴力や異性関係など到底納得できない理由をつけられるばかりか、あまりにも高額な財産分与を求められ、こちらの主張に耳を貸そうとしません。
今後どのように対応していけばよいか、弁護士と相談したいです。

解決までの流れ

財産分与に必要な資産や預貯金、給与明細を開示した上で、法的観点から冷静に状況を分析し、論理的に主張を続けました。

結果・解決ポイント

財産分与額は約2500万円減額され、調停離婚が成立しました。

担当弁護士
authense
Authense法律事務所コラムチーム
Authense法律事務所の弁護士が監修、法律知識をわかりやすく解説した法律コラムです。Authense法律事務所は、「すべての依頼者に最良のサービスを」をミッションとして、ご依頼者の期待を超える弁護士サービスを追求いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様
弁護士へのご相談予約で、
初回相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます
些細なご相談もお気軽にお問い合わせください
弁護士へご相談可能な時間帯
平日6:30~20:00 / 土日祝10:00~18:00
弁護士へのご相談予約で、初回相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます

ご相談から解決までの流れ

弁護士との初回面談相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます