解決事例

浮気した夫には嫌悪感しかありません…このまま顔を合わせず離婚したい。

  • ご相談者
  • 年齢:30代
  • 性別:女性
  • 職業:会社員
  • 婚姻期間:1年以上
  • 子ども:なし
離婚交渉プラン

ご相談までの経緯・背景

Aさんは、夫が仕事で知り合った女性と浮気をしていることを知りました。

夫の浮気を知ってから、Aさんは夫に対して嫌悪感を抱くようになり、これ以上は夫婦生活を円満に営むことができないと考え、夫と別居するようになりました。

解決までの流れ

Aさんは、夫との離婚と浮気相手Bへの慰謝料請求を考え、ご相談にいらっしゃいました。

Aさんは夫への嫌悪感から、もはや夫の顔を見るのも苦痛だったため、弁護士がAさんの代理人として交渉を行いました。

弁護士は、まず夫の浮気相手Bとの交渉を行い、浮気相手BがAさんに謝罪文を提出することと、慰謝料として100万円を支払うことで示談が成立しました。

そして、夫にはAさんが話し合いでの解決(協議離婚)を望んでいること、慰謝料として300万円を請求する意思があることを通知しました。

結果・解決ポイント

交渉の結果、夫は自分が犯した不貞行為(浮気・不倫)の非を認め、Aさんと離婚すること、不貞行為(浮気・不倫)に対する慰謝料を支払うことで合意となりました。

さらに弁護士は、合意の内容を公正証書にすることで、合意が破られることがないように、仮に破った場合は強制執行ができるようにしました。

このように、弁護士が代理人として交渉を行うこともできるため、依頼者は相手方と顔を合わせることなく交渉をすすめることができます。離婚問題でお悩みの方は、ぜひ弁護士にご相談ください。

担当弁護士
Authense法律事務所
弁護士 
(第二東京弁護士会)
中央大学法学部法律学科卒業、中央大学法科大学院法務研究科修了。離婚、相続などの家事事件を中心に、顧問業務を主とした企業法務、一般民事事件や刑事事件など幅広い分野を取り扱う。離婚事件では、慰謝料、子の引渡し、親権などの解決実績を持つ。また、企業法務や一般民事事件では、訴訟を数多く経験し、訴訟対応を得意とする。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

早朝相談受付中(6:30~10:00)