解決事例

慰謝料、財産分与、養育費を希望の内容で離婚成立。

  • ご相談者
  • 年齢:30代
  • 性別:男性
  • 職業:会社員
  • 婚姻期間:3年以上
  • 子ども:あり
離婚交渉プラン

ご相談までの経緯・背景

Aさんの妻は、姑との折り合いが悪く、育児や家事について度々もめることが多くありました。その度に妻は、ヒステリーを起こしたり、家の中の物を壊したり、警察を呼ぶほどの騒ぎになることもありました。

ある日、妻は子どもを連れて実家に帰ってしまいました。
その際、Aさん名義の預金通帳を勝手に持ち出されてしまったため、給料を引き出されないように口座を止めたところ、妻から生活費を支払えと連絡が来ました。

Aさんは、夫婦生活を続けるのは難しいと考えており、妻に離婚を申し出ることにしました。

解決までの流れ

Aさんは、離婚についてお互い了承はしていましたが、子どもの親権や養育費などお金の問題について、どうしたらいいのかご相談にいらっしゃいました。

Aさんは、親権を妻に譲り、子どもとの面会交流も希望するつもりはありませんでした。

そこで弁護士が、Aさんの妻に離婚の話し合いについて連絡したところ、妻から調停の申し立てがなされました。

結果・解決ポイント

調停の結果、Aさんが慰謝料の支払い及び財産分与はしないこと、子どもの養育費として月額1万円を支払うことで合意し、離婚が成立しました。

担当弁護士
Authense法律事務所
弁護士 
(第二東京弁護士会)
中央大学法学部法律学科卒業、中央大学法科大学院修了。主な裁判経験として、MBOに関する取締役の責任を追及し、初めて東京高裁の見解が示された事案や、複数メディアによって報道された裁判員裁判事件などを有している。ベンチャー企業の上場前の資金調達や法務支援も多数経験。顧問先経営者からは、法務のみならず経営全般のアドバイスを求められることも多い。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様