解決事例

弁護士のサポートで、無事に離婚調停が成立。

  • ご相談者
  • 年齢:20代
  • 性別:女性
  • 婚姻期間:5年以上
  • 子ども:あり
バックアッププラン

ご相談までの経緯・背景

Aさんは、夫との結婚生活が上手くいかなくなり、口論を重ねるようになりました。

ある日、Aさんが帰宅すると、夫は離婚協議書を用意して待っていました。
夫は、離婚の原因について、性格の不一致や家族との折り合いが悪いことを挙げ、離婚届に強引に署名するよう迫りました。

Aさんは、まだ幼い子どものことも思い、「離婚はしたくない」と署名をしませんでした。
追い出されたら母子だけでは生活ができないとも訴えましたが、まったく聞き入れてもらえず、夫は実家に帰ってしまいました。

その後、夫が離婚調停を申し立てました。

Aさんは、離婚をしたくないし、離婚することになっても、できるだけ自分の力で必要な手続きをすすめ、自分の考える条件をしっかりと相手に提示したいと考えていました。

解決までの流れ

ある程度、必要な手続きを自分で進めていたAさんでしたが、やはり不安な部分もあり、弁護士にアドバイスを求めたいとご相談にいらっしゃいました。

Aさんの離婚したくない意思と、夫の離婚したい意思の平行線で、調停は難しい状況となりました。

そこで弁護士は、Aさんに婚姻費用等についてもう一度よく考え、夫と話し合うことをアドバイスしました。

その後、Aさんも「条件次第では離婚をしよう」という考えに変化し、交渉は解決へと向かっていきました。

結果・解決ポイント

調停の結果、Aさんが子どもの親権を取得し、養育費や婚姻費用の支払いについても合意され、離婚が成立しました。

担当弁護士
Authense法律事務所
弁護士 
(第二東京弁護士会)
早稲田大学 卒業(3年次卒業)、慶應義塾大学大学院法務研究科 修了。個人法務から法人法務まで幅広い案件を手がける。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様