• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談107 離婚調停(16)

離婚はしても、親としての責任は果たしたい。

妻が子供を連れて、家を出て行きました。離婚の意思はあるのですが、財産分与や養育費などの離婚条件で揉めています。親としての責任は果たしたいと考えていますが…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:30代
    • 婚姻期間:5年以上
    • 子ども:あり
    • 担当弁護士:
      木村 光伸 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、子供が生まれてから、家事の協力や育児について、お互いの不満がたまり、夫婦関係は次第に悪くなっていきました。

    そんなある日、妻は子供を連れて家を出て行ってしまいました。

    別居状態が約半年ほど続き、Aさんは離婚することを決意しました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、妻と何度か話し合うも離婚条件がまとまらず、今後どのようにすればよいか悩み、ご相談にいらっしゃいました。

    Aさんの妻は、子供の養育費や財産分与などのほかに、未払いの婚姻費用や慰謝料についても求めていました。

    離婚はしても、親としての責任は果たしたいと考えていたAさんでしたが、妻からの要求すべてに応えることは現実的に難しい状況でした。

    弁護士は、財産調査を行い、離婚条件やAさん自身の今後の生活について慎重に検討した上で、家庭裁判所に婚姻費用分担調停と夫婦関係調整調停を申し立てました。

    [結果]

    婚姻費用分担調停の結果、別居期間中の婚姻費用の分担として、離婚又は別居解消に至るまで、児童手当を加えた月額約10万円から、保育料の半額を控除した金額を支払うこと、未払いの婚姻費用として、約40万円を支払うことで成立となりました。
     また、夫婦関係調整調停の結果、子供の親権については、妻が親権者となり監護養育することで成立となりました。

    そして、子供が満20歳になるまで、養育費として月額6万円を支払うこと、月に1回程度、子供と面会できること、離婚にともなう財産分与として約600万円を支払うことなどで、離婚が成立しました。


離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP