• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談114 離婚調停(17)

威圧的、暴力的な夫に限界、今すぐ離婚したい。

夫が突然、家を出ていきました。夫は子供の前で私を罵ったり、怒鳴ったりする人で、私も子供も精神的にもう限界です。この機会に、夫とは今すぐ離婚したい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:40代
    • 婚姻期間:10年以上
    • 子ども:あり
    • 職業:専業主婦
    • 担当弁護士:
      平沼 夏樹 弁護士
  • [背景]

    Aさんの夫は、Aさんを執拗に罵ったり、壁に押し付けて怒鳴るなど、暴力的で異常な行動を繰り返していました。

    そんなある日、夫が突然、家を出ていってしまいました。

    Aさんは、夫の話をするだけで体が震えるなど、精神的に追い詰められた状態になっており、子供にとっても良くないと考え、離婚をしようと決意しました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、夫に離婚と今まで家族に迷惑をかけてきた責任をとってもらいたいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

    まず、弁護士は夫に対して、離婚の意思があるかを確認するとともに、慰謝料として500万円の支払いを求める内容証明郵便を送付しました。

    夫の代理人からは、Aさんが主張するような威圧的な態度などはとったことがなく、逆に夫婦生活が破綻した原因はAさんのヒステリーが原因であると反論してきました。

    そこで、弁護士は家庭裁判所に、婚姻費用分担請求調停と夫婦関係等調整調停を申し立て、夫の異常な行動が離婚原因であることを主張するとともに、婚姻費用と子供の養育費、慰謝料を求めました。

    [結果]

    調停の結果、Aさんと夫の離婚が成立しました。

    そして、子供の養育費は、高校卒業まで月額約15万円、大学卒業まで月額約8万円、Aさんへの離婚に伴う財産分与として、約1000万円が支払われることとなりました。

    このように、当事者同士では解決が難しい状況にある場合でも、弁護士が代理人として交渉や調停に臨むことで、依頼者の希望どおりの結果へ導くことができるのです。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP