Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談176 離婚調停(31)

妻が離婚してくれない。自宅マンションを売却してでも離婚したい。

妻には離婚を申し入れてきましたが、経済的な負担や世間体などを理由に話し合いにさえ応じてくれません。別居してからずっと支払っている婚姻費用の金額についても不満があるようで…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:40代
    • 婚姻期間:15年以上
    • 子ども:あり
    • 職業:会社員
  • [背景]

    Aさんは、妻Bと日常生活の些細なことが原因で喧嘩が絶えず、子育ての方針やお互いの親との付き合い方に関しても食い違いが生じていました。

    Aさんは、妻Bとの性格の不一致をどうにかしたいと思いながらも、仕事が多忙を極め、会社で寝泊りすることが多くなりました。
     ほとんど自宅に帰らなくなっていったAさんは、自宅とは別にマンションを賃借し、妻Bとの別居を開始しました。

    その後、Aさんは何度か離婚を申し入れてきましたが、妻Bは経済的な負担や世間体などを理由に話し合いにさえ応じてくれませんでした。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、妻と共同名義のマンションを売却してでも離婚したいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

    まず、弁護士は、離婚調停を申し立てました。
     そして、調停において、Aさんの離婚の意思は固く、夫婦関係を修復する余地がないことを強調し、交渉を続けました。

    また、婚姻費用については、婚姻費用算定の上限を示した上で、Aさんが住宅ローンを負担していることなどを考慮すべきであると主張しました。
     さらに、Aさんは、これまで住宅ローンのほかにも現金やクレジットカードなどで多額の婚姻費用を支払っており、妻Bは十分すぎるほどの貯蓄を行なっているはずであるとして、保全の必要性はないと主張しました。

    [結果]

    調停の結果、子の親権者は母であるBとすること、Aさんは養育費と解決金を支払うこと、離婚に伴う財産分与として不動産の共有持分件を全部譲渡することなどを条件とする離婚が成立しました。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

ご来所頂ける方に限らせて頂いております。
ご了承ください。

TOP