• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談60 離婚調停(3)

不倫を反省しない夫と別居。婚姻費用と慰謝料を請求。

結婚して1年ほど経ったころから、夫の帰宅が遅くなりました。私は不安から探偵事務所に調査をお願いしたところ、夫の不倫が発覚しました。夫を問い詰めたのですが反省することもなく…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:20代
    • 子ども:あり
    • 職業:パート
    • 担当弁護士:
      安部 直子 弁護士
  • [背景]

    Aさんの夫は会社を経営していることもあり、会社員であるAさんとの生活のリズムが合わず、夫婦すれ違いの日々を送っていました。

    ある日を境に、Aさんは夫の行動に不信感を抱くようになり、探偵事務所に調査を依頼したところ、夫が不倫をしていることが発覚しました。

    Aさんが夫を問い詰めると、夫は謝罪も反省もなく、Aさんに離婚を申し向けてきました。
    Aさんは、それでも夫を愛していましたが、夫の態度が耐えられなくなり、家を出ていかざるを得ない状況となりました。

    [相談内容と弁護士対応]

    離婚を決意したAさんは、夫に対する婚姻費用の分担と慰謝料を請求したいと、ご相談にいらっしゃいました。

    弁護士は、Aさんの夫に対し婚姻費用として月額20万円、慰謝料として500万円を請求しました。

    夫からは、婚姻費用と慰謝料の請求額が過大だと回答がなされましたが、弁護士は一貫して主張を変えず、Aさんの精神的苦痛は甚だしく、回復が困難であるために慰謝料は妥当な金額であること、夫の年収を試算しても婚姻費用は妥当である旨を主張しました。

    その後、夫から離婚調停が申し立てられ、Aさんと夫は、調停で離婚の話し合いをすることとなりました。

    [結果]

    調停の結果、夫がAさんに婚姻費用として月額15万円、慰謝料として500万円を支払うこと、その他の財産分与の詳細が合意され、離婚が成立しました。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP