• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談94 離婚調停(11)

財産分与、婚姻費用など希望通りに離婚したい。

長い間、夫とは別居と同居を繰り返してきました。子供が無事に卒業したので、これを機に離婚をしようと考えています。財産分与や婚姻費用など、できるだけ希望どおりに離婚を成立させたい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:50代
    • 婚姻期間:20年以上
    • 子ども:あり
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      唐木 大輔 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、不倫していることがバレてしまい、夫と離婚の話し合いになりました。しかし、その時は「子供が卒業するまで離婚はしない」ことになりました。

    Aさんと夫は、別居と同居を繰り返す生活を送るようになりました。
     夫婦の会話はなく、金銭トラブルなどから信頼関係は薄れていき、性格の不一致から日常生活での不満が積もりに積もって、二人とも婚姻関係を続けていく気持ちは一切なくなってしまい、Aさんは、子供が学生生活を終えると同時に、離婚することを決意しました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、自分で婚姻費用の請求と離婚調停を申し立てるため、作成した書類を弁護士に見てもらいアドバイスをもらいたいと、ご相談にいらっしゃいました。

    Aさんは、夫から生活費と離婚に向けた準備金として月額15万円を受け取っていましたが、減額されたり支払われないこともありました。
     弁護士は、Aさんと綿密な打ち合わせを行い、離婚調停に向けて出来る限りのサポートを行いました。

    [結果]

    調停の結果、Aさんが子供の親権を取得し、夫はAさんに婚姻期間中の度重なる金銭トラブルの補填として解決金を支払うこと、不動産の住宅ローンを支払うことで合意しました。
     また、支払いが滞っていた婚姻費用についても請求することができました。

    Aさんは、弁護士のサポートを受けながら、財産分与、婚姻費用など希望する条件で離婚することができました。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP