• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談21 婚姻費用(2)

婚姻費用分担請求、別居中の生活費の不安を安心に。

夫の暴言、暴力が激しくなり、子供を連れて家を飛び出しました。でも、専業主婦の私には収入がなく、子供と暮らしていく金銭的な余裕がありません…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:40代
    • 婚姻期間:15年以上
    • 子ども:あり
    • 職業:主婦
    • 担当弁護士:
      安部 直子 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、夫からの暴言や暴力に耐えられず、子供を連れて家を出ました。
     しかし、専業主婦だったAさんには収入がなく、将来的に離婚するにしても、子供と暮らしていく金銭的な余裕がありませんでした。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、専業主婦だったため、夫から逃げることはできても生活費の不安が残りました。

    弁護士は、「婚姻期間が継続している限り、婚姻費用を請求することができます。婚姻費用は、調停を申し立てた時以降の分しか認められないというのが実務での取り扱いですので、早急に調停を申し立てましょう。お子様も育ちざかりの年齢ですので、お子様のためにも一刻も早い申立てが必要です。」と提案し、すみやかに準備を行い、婚姻費用の分担請求調停を申し立てました。

    [結果]

    調停の結果、Aさんの夫は、Aさんに婚姻費用として毎月20万円を支払うという内容で調停が成立しました。

    現在、Aさんは婚姻費用の支払いを受けながら、じっくりと離婚に向けた話し合いを進めています。



「婚姻費用」の解決事例一覧

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

s