• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談65 婚姻費用(3)

別居中の夫へ婚姻費用の分担請求調停を申立て。

半年前、夫から離婚を告げられました。それからずっと別居をしています。離婚の意思はありますが、私の収入では生活費と持病の高額な治療費はかなりの負担で…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:40代
    • 婚姻期間:15年以上
    • 子ども:なし
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      安部 直子 弁護士
  • [背景]

    Aさんの夫Bは、金遣いが荒く、結婚して数年後から複数の女性と浮気を繰り返していたため、夫婦関係は悪化するばかりでした。

    長年、耐え続けたAさんでしたが、病気を患ったことをきっかけに、「これ以上、夫とは生活すべきじゃない、夫から解放されたい」と考えるようになりました。

    半年前、夫から離婚を告げられたAさんは、将来的な離婚も視野に入れて、夫との別居を開始しました。

    しかし、Aさんの病気の治療費はとても高額で、Aさんの収入だけではとても賄えるような金額ではなかったため、この先の生活の不安がありました。

    夫Bは、家を出たAさんの面倒を一切見ようとはしませんでした。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、別居中の生活費についてと、将来的な離婚と財産分与について、ご相談にいらっしゃいました。

    弁護士は、夫Bに、Aさんにも離婚する意思があること、その条件として600万円の支払いを求めるつもりであることを伝えました。

    また、婚姻費用を確保するために、源泉徴収表等を通じて夫Bの年収を適正に把握し、所有する不動産価格の査定も行ったうえで、婚姻費用の分担請求調停を申し立てました。
     加えて、別居から今まで夫Bが支払っていなかった婚姻費用についても請求しました。

    [結果]

    調停の結果、夫Bは、Aさんにこれまでの未払いの婚姻費用と、調停で取り決めた金額を毎月支払うことで調停が成立しました。

    Aさんは、毎月の婚姻費用の支払いを受けながら、夫Bと離婚に向けた話し合いを進めています。



「婚姻費用」の解決事例一覧

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP