• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

離婚弁護士の解決事例Case

-- 離婚相談103 慰謝料請求(35)

夫の10年以上の不貞相手に慰謝料請求。

夫が10年以上にもわたって、女性と不貞関係にあることがわかりました。夫との離婚も考えていますが、夫には内々に進めたいと考えています。それよりも先ず、不貞相手に慰謝料を請求したい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:40代
    • 婚姻歴:25年
    • 子ども:3人
    • 職業:主婦
    • 担当弁護士:
      木村 光伸 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、Bさんと結婚して25年、3人の子どもはこの春、成人を迎えました。一方で、夫であるBさんは10年ほど前から、女性Cと不貞関係を続けていました。

    我慢の限界を感じたAさんが問い詰めたところ、Bさんは不貞の事実を認めました。しかし、その後もBさんはCとの不貞関係を継続し、Aさんを裏切り続けていました。

    これを知ったAさんは、不貞相手の女性Cに対して、感情的に訴えるよりも、法的な制裁をしたいと考え、当事務所に相談にいらっしゃいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、Bさんとの離婚を考える前に、まず不貞相手Cには、責任を取ってもらい慰謝料を支払って欲しいと考えていました。

    しかし、不貞相手Cに関する情報は、携帯電話の電話番号しか分かりませんでした。そこで、木村弁護士は、携帯電話会社に対して弁護士照会を行い、不貞相手Cの連絡先を得ることにしました。

    携帯電話会社から取得した契約者情報を元に、木村弁護士は、10年以上にわたって不貞関係を続けたことに対する慰謝料として500万円を支払うよう、不貞相手Cに求めることにしました。

    これに対して、相手方弁護士は、Aさんに交際がばれた時点でBさんとの関係は解消されており、Cの責任はそれほど重いとはいえないことから、慰謝料は50万円で十分であると主張してきました。

    Bさんの不貞行為に10年以上も悩まされてきたAさんは、50万円での和解にはとても納得いきませんでした。木村弁護士は、Aさんが納得できる慰謝料を求めるために、Bさんの発言やメールを証拠にして、反論することにしました。

    [結果]

    木村弁護士の粘り強い交渉の結果、不貞相手CからAさんに対して、謝罪をすること、解決金として150万円を支払うこと、今後一切の接触禁止とその違反行為1回について、100万円の違約金を支払うことなどを条件とし、和解成立となりました。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚弁護士の解決事例一覧へ

初回60分まで
無料法律相談実施中!

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

0120-272-585
無料法律相談のご予約

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます
お問い合わせはこちら
0120-272-585 離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス