• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談116 慰謝料請求(39)

妻が亡くなったあと、私の不倫を理由に息子から慰謝料請求。

妻が亡くなり、別の女性と新たな生活を始めようと思っています。しかし、私の名義になっている自宅に息子が生活しており、その明け渡しを求めて現在、裁判中です。これに対して、妻が亡くなったのは私のせいだと息子が慰謝料を求めてきました。これ以上、息子と揉めたくないが…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:50代
    • 婚姻歴:20年以上
    • 子ども:あり
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      唐木 大輔 弁護士
  • [背景]

    Aさん夫婦の夫婦仲は決して良いとは言えず、長い間、家庭内別居状態が続いており、そのうちAさんは、妻以外の女性と交際するようになりました。

    夫婦関係がますます冷め切っていたある日、突然妻が亡くなり、Aさんは、妻と妻の母親(以下、祖母)の名義だった土地と自宅を相続しました。

    そもそも、この自宅の住宅ローンは、Aさんが一人で支払っていました。妻が亡くなった後も、息子Bと祖母が生活していましたが、家賃を支払うこともなく住み続けていたため、息子Bに対して、自宅の明け渡しを求める訴訟を提起しました。

    これに対して、息子Bは「母(Aさんの妻)が亡くなった原因は、Aさんの不貞(不倫・浮気)にある」と主張し、損害賠償を求める裁判を提起しました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、すでに弁護士に委任していましたが、方向性の違いからその弁護士を解任せざるを得ませんでした。そのため、新たな弁護士を探して、ご相談にいらっしゃいました。

    Aさんは、すでに成人した息子Bが賃料も支払わず無償で居住していることに納得がいきませんでした。また、妻が亡くなったのは自分のせいではないと考えており、息子Bに慰謝料を支払う義務はないと考えていました。

    弁護士は、自宅の明け渡しについて、息子Bが賃料の支払いに応じない限り、自宅を競売してその代金を折半すると主張しました。また、損害賠償請求についても、責任はないと主張しました。

    これに対して、相手方代理人は、すべての原因はAさんの不貞行為(不倫・浮気)にあり、建物の明け渡しを求めることも、損害賠償請求を拒むことも許されないと反論しました。

    [結果]

    裁判の結果、Aさんが息子Bに対する慰謝料として、土地の一部を譲り渡す代わりに、息子Bは賃料として月額7万円を支払うことで合意し、和解が成立しました。また、祖母が高齢であることから、今後両者の状況を考え、土地建物の処分について協議することも約束されました。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚問題の解決事例一覧へ

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP