• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

離婚弁護士の解決事例Case

-- 離婚相談118 慰謝料請求(40)

10年以上も関係を続けた夫の不貞相手に慰謝料請求。

夫は10年以上にもわたって、会社の部下と不貞関係を続けていました。一度は「別れる」と謝罪したにもかかわらず、依然として交際していた不貞相手が許せません。どうにかして責任をとってもらいたい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:40代
    • 婚姻期間:15年
    • 子ども:2人
    • 担当弁護士:
      安部 直子 弁護士
  • [背景]

    Aさんは夫Bさんと結婚して15年が経ち、2人の子どもにも恵まれました。

    しかし、夫は10年以上にもわたって、会社の部下である女性Cと不貞関係を続けていました。

    Bさんの不貞に気づいたAさんは、一度は離婚を申し出ましたが、Bさんが離婚を頑なに拒んだこともあり、「次に不貞をしたら離婚」という条件でよりを戻すことにしましたが、実際はその後もBさんと不貞相手Cは交際を続けていました。

    「Bさんと別れる」と言って謝罪をしたにもかかわらず不貞を続けていた不貞相手Cに対して、Aさんは責任をとってもらいたいと考えるようになりました。

    しかし、Aさんは、不貞相手Cの名前や住所等は知っていたのですが、顔が分からず、恐怖すら感じていました。

    そこで、AさんはどうすればCさんに対してきちんと責任をとってもらえるのか弁護士のアドバイスをもらうために、当法律事務所に相談にいらっしゃいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、不貞相手Cから夫と不貞関係を続けていたことに対する慰謝料を支払ってもらいたいと考えていました。また今後一切、夫とは会わないでほしいとも思っていました。

    安部弁護士は、不貞相手Cに対して慰謝料を求めるとともに、今後一切、Bさんと接触することがないよう会社の退職をも求めることにしました。

    これに対して、相手方の弁護士は、不貞相手Cの不貞行為を認め、慰謝料の支払いに応じると述べる一方で、慰謝料の減額を求め、また会社を退職する気はないと反論してきました。

    安部弁護士は、再度相手方の弁護士に対して、不貞相手Cが妻子あるBさんと交際していたことは悪質であり、慰謝料として180万円を求めると主張しました。

    [結果]

    交渉の結果、不貞相手Cから慰謝料として180万円をAさんに支払う旨の和解が成立しました。

    また、不貞相手Cの顔写真を提供してもらい、Aさんの恐怖感をできる限り払拭することにしました。

    これにより、Aさんは安心して、Bさんと復縁する準備を始めることができました。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚弁護士の解決事例一覧へ

初回60分まで
無料法律相談実施中!

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

0120-272-585
無料法律相談のご予約

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス