• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

離婚弁護士の解決事例Case

-- 離婚相談121 慰謝料請求(42)

彼の「妻」と名乗る女性から慰謝料請求。

交際している彼の「妻」と名乗る女性から慰謝料請求をほのめかすようなメールが届き、話し合うために会ってほしいと言われています。彼からは「離婚した」と聞いていたのに…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      川口 真輝 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、会社の同僚であるBさんと交際していました。Bさんからは「離婚した」と聞いており、夜中でも連絡がとれることから、AさんはBさんが既婚者であると疑うことはありませんでした。

    しかし、ある日Bさんの妻と名乗る女性Cさんから、突然Aさんのもとに連絡がきました。

    Cさんは、Bさんとの交際を止めるよう求めるとともに、場合によってはAさんに慰謝料を請求するつもりであると伝えてきました。また、今後の話し合いをするために、一度会ってくれないかとも言ってきました。

    もしかしたら高額な慰謝料を支払わなければならないと不安に思ったAさんは、今後の対応について、当法律事務所に相談にいらっしゃいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、Bさんは既に離婚していると信じて交際を始めました。そのため、自分には責められる点がなく、慰謝料を支払う義務はないと考えていました。

    しかし、Aさんは、Cさんが自分に会うために、自宅や職場にやってくるのではないかと不安に思っていました。

    川口弁護士は、Cさんに対して内容証明郵便を送り、これ以上、Aさんと連絡しないでほしいことを伝えるとともに、弁護士を通して話し合いの機会を設けることを勧めました。

    また、Aさんから提出してもらった友人とのSNSの履歴を証拠に、AさんはBさんが既婚者であると認識していなかったと主張しました。

    [結果]

    川口弁護士による交渉の結果、AさんはBさんに騙されて交際をしており、AさんはCさんに対して何ら責任を負わないことで和解が成立しました。

    このように、弁護士が依頼者の代理人として交渉を行うことで、優位に和解をすすめ、結果として何らの不利益を負うことなく事件を解決させることができるのです。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚弁護士の解決事例一覧へ

初回60分まで
無料法律相談実施中!

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

0120-272-585
無料法律相談のご予約

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス