• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談124 離婚調停(18)

家族観の相違で別居、離婚調停をきっかけに新しい人生へ。

夫が家を出て行って半年ほど経ちました。現在、別居中です。原因は私の思いやりのない言動にあると思います。今はとても反省しているので、夫婦関係をやり直したいのですが…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:20代
    • 婚姻歴:1年
    • 子ども:なし
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      木村 光伸 弁護士
      平沼 夏樹 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、夫Bさんと結婚して間もない新婚でした。しかし、Bさんは連日深夜まで仕事が忙しく、土日も毎回出勤するほど多忙なためAさんと過ごす時間はごく限られたものでした。また、家族観の相違から口論が絶えず、Aさんに対して離婚を申し入れることが多くなりました。

    ある日、Aさんは、Bさんの携帯電話からBさんと女性の親密な写真を見つけてしまいました。

    Bさんが浮気をしていると思ったAさんは、激昂し包丁を振り回すなどの暴行を行った結果、警察沙汰になってしまいました。

    これ以上、Aさんと生活していては身が持たないと考えたBさんは、Aさんを自宅に残し出て行ってしまいました。

    別居してから数ヶ月ほど経った頃、自分の身勝手さに反省したAさんは、Bさんと夫婦関係をやり直したいと考え、当法律事務所に相談にいらっしゃいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    AさんはBさんと離婚する気はありませんでした。

    木村弁護士は、Aさんは今後、仕事をセーブし温かい家庭を作る時間的余裕を作ることや、思いやりのある言動をするよう改めることAさんに伝えました。

    しかし、これに対してBさんの離婚の意志はかたく、代理人を通して離婚調停を申し立ててきました。

    調停の中で、Bさんの代理人である弁護士は、Aさんの感情的になると激昂しやすい性格や言動を述べ、もはや夫婦関係は修復不可能な程度に破綻していると主張してきました。

    両者の意見が平行線のままであれば、離婚調停は不調に終わり、解決することができません。

    そこで、木村弁護士・平沼弁護士は、このまま調停不調にしてしまうか、条件次第で離婚するか、再度Aさんの気持ちを聞いて今後の方針を決めることにしました。

    [結果]

    Aさんは考え抜いた結果、Bさんからの離婚の申し出に応じることにしました。

    調停期日を迎え、AさんはBさんから離婚に伴う慰謝料として300万円を支払ってもらうことで、離婚する旨の調停が成立しました。

    このように、当事者だけでは解決することが困難な事例も、弁護士が入ることによって迅速かつ適切に解決することができます。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス