• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談128 離婚調停(20)

夫の暴言や執拗な監視、離婚したいけど怖くて…。

結婚当初から、夫の暴言や執拗な監視に悩んでいました。そんな私を見ていた子どもも夫を恐がるようになり、なつかない子どもに夫はきつくあたるようになりました。身の危険を感じた私は、子どもを連れて家を出ました。このまま夫と会わずに、離婚したいけど…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 婚姻歴:3年
    • 子ども:1人
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      嶋田 葉月 弁護士
      柳川 智輝 弁護士
  • [背景]

    Aさんは夫Bさんと結婚し、子ども3人で暮らしていました。

    一方で、Aさんは結婚当初からBさんからの暴言や執拗な監視に悩まされていました。そして、この様子を見ていた子どもも次第にBさんを怖がるようになりました。

    Bさんは、自分になつかない子どもにも、きつく当たるようになりました。

    この状況に耐えられなくなったAさんは、Bさんと距離を置こうと子どもを連れて実家に帰りました。

    落ち着いて考えた結果、ついに離婚を決意したAさんですが、度重なる暴言により夫と直接会うことが怖くてできません。

    Aさんは、離婚に向けた交渉を弁護士に依頼したいと考え、当法律事務所に相談にいらっしゃいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    嶋田弁護士は、Aさんが別居中、Bさんから生活費をもらえていないことに着目しました。

    夫婦には相互に助け合う義務が課されていますから、別居中でも収入の少ない方が多い方に生活費の一部を請求することができます。

    請求に対し、Bさんは「資力がないから」と支払いを拒んでいましたが、別居中に旅行を楽しむなどしていたことが発覚しました。

    嶋田弁護士は、離婚調停を申立て、調停での話し合いを始めました。

    調停の中で、Bさんも離婚すること、および子どもの親権をAさんに譲ることは認めましたが、婚姻費用や養育費など金銭面では一切支払わないと主張しました。

    そこで、嶋田弁護士は、夫婦の財産状況から適切な養育費と未払いの婚姻費用を提示し、粘り強く交渉を続けました。

    [結果]

    交渉の結果、AさんとBさんが離婚すること、子どもの親権をAさんが取ることのほか、Bさんから、子どもの養育費と別居中の未払いの婚姻費用が支払われることで、離婚調停が成立しました。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP