• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

離婚弁護士の解決事例Case

-- 離婚相談132 慰謝料請求(48)

居直った夫の不貞相手に誠意ある謝罪と慰謝料を請求。

夫が仕事関係の女性と不貞行為を繰り返していました。私は精神的に追い詰められ、療養を余儀なくされました。夫と離婚するつもりはありませんが、不貞相手の女性の居直った態度を思い出すと、どうしても許せないです…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:50代
    • 婚姻期間:25年
    • 子ども:2人
    • 担当弁護士:
      安部 直子 弁護士
  • [背景]

    Aさんは夫Bさんと結婚し、二人の子どもにも恵まれ、幸せな結婚生活を送っていました。しかしAさんは、ふとしたきっかけでBさんの不貞を知ってしまいました。

    Aさんが、Bさんを問いただすと、Bさんは不貞を認めたものの、すでに関係は終わっていると告白しました。

    Aさんは、一度は不貞相手Cとの接触を試みましたが、すでに関係が終了していることや、反省しているBさんの態度をみて思いとどまりました。

    しかし、AさんはBさんとの結婚生活がうまくいっていると思っていたため、この事実に非常にショックを受け、精神疾患を発症し療養を余儀なくされました。

    Aさんは、不貞相手Cにきちんと責任をとってほしいと考え、当法律事務所へ相談にいらっしゃいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    安部弁護士は、不貞相手Cに裁判外で慰謝料を請求することにしました。

    しかし、不貞相手Cは代理人を通し、慰謝料額を争った挙句、Bさんに対して何度も電話をかけ、慰謝料を肩代わりするよう連絡してくるなど嫌がらせにも近いような行為を繰り返しました。

    そこで、安部弁護士は、不貞相手Cを訴えることにしました。

    裁判でも、不貞相手Cは慰謝料額を争い、そもそも自分はBさんから肉体関係を強要されたのだと主張しました。また、Bさんも共同で不貞行為に及んだからとBさんも裁判に参加させたのです。

    安部弁護士は、この不貞相手Cの主張に対し、不貞行為は合意の上であったことを立証しました。

    [結果]

    最終的に、裁判所が慰謝料80万円での和解を提示し、不貞相手Cは、Bさんに対して求償しないことを条件に和解が成立しました。

    このように、相手方が慰謝料の支払いや請求額に応じない場合、裁判となることは珍しいことではありません。お困りの際は、ぜひ弁護士にご相談ください。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚弁護士の解決事例一覧へ

初回60分まで
無料法律相談実施中!

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

0120-272-585
無料法律相談のご予約

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス