• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談134 協議離婚(15)

別居1年…話合いによる円満な離婚を希望。

妻と別居して1年になります。これからの人生を一緒に過ごしたいと思えるパートナーと出会い、夫婦関係が冷え切っている中で、これ以上、結婚生活を続ける必要はないと思い、妻に離婚を提案しました。妻も離婚を受け入れてくれそうですが、財産分与などの離婚条件については話し合いが出来ていません…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:50代
    • 婚姻歴:20年
    • 子ども:1人
    • 担当弁護士:
      川口 真輝 弁護士
      亀山 大樹 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、妻のBさんと結婚して20年、子どもにも恵まれ、幸せに生活を送っていました。

    しかし、妻Bさんが手に職をと副業を始めたことをきっかけに、家事をおろそかにする妻Bさんとの生活を続けることに苦痛を感じるようになり、ついに別居を決意しました。

    別居して1年ほどした頃、Aさんは別の女性と付き合うようになり、一緒に暮らし始めました。

    夫婦関係が冷め切っている中で、これ以上結婚生活を続ける必要はないと感じたAさんがBさんに離婚を提案したところ、Bさんからは特に反対の意見はありませんでした。

    そこで、Aさんは、さらに具体的な話し合いを進めるためのアドバイスを求め、当法律事務所に相談にいらっしゃいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、Bさんと話し合いによる円満な離婚を希望していましたが、まだ具体的な話し合いは行われていませんでした。

    そこで、川口弁護士と亀山弁護士は、Aさんの代理人として、Bさんに離婚の意思と希望する離婚条件について確認することにしました。

    すると、Bさんは『離婚してもよいが、離婚後は子どもと二人で生活できるよう養育費の支払いをきちんとしてほしい』と主張してきました。

    これに対して、Aさんの主張は『Bさんらが住んでいる住居はあげてもよいが、銀行預金や株式などは譲り渡すつもりはない。子どもの親権については争わないし、子どもが成人するまでは学費を出すつもりである』というものでした。

    [結果]

    交渉の結果、Aさんから離婚の慰謝料として、Bさんに500万円を支払うとともに、財産分与として現在Bさんらが生活している住居を贈与することになりました。

    また、子どもが成人するまでの養育費として、月15万円を支払うとともに、面会については子どもの意向を尊重して行うことで、無事に離婚が成立しました。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP