• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談135 離婚調停(21)

不貞を認め離婚には応じても慰謝料請求を受け入れない妻。

生活のすれ違いなどから、次第に夫婦関係がうまく行かなくなり、ある日、妻が家を出て行きました。以前から、妻の行動に不審な点を感じていたため、調査会社に依頼したところ、妻には不貞相手が…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:50代
    • 婚姻歴:23年
    • 子ども:2人
    • 職業:公務員
    • 担当弁護士:
      井上 慶一 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、妻Bさんと20年来の婚姻関係にありました。2人の子どもにも恵まれ、最初は円満な家庭生活を送っていました。

    しかし、生活のすれ違いなどから、次第に夫婦関係がうまく行かなくなっていきました。そして遂に、Bさんは家を出て、二人は別居状態となりました。

    Bさんの行動に不審な点を感じていたAさんは、Bさんに不貞相手がいるのではないかと考え、調査会社に依頼しました。

    すると、Aさんの思ったとおり、Bさんには不貞相手が存在していることが分かりました。そこで、Aさんは悲しみの中、Bさんと離婚することを決意しました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、Bさんとの離婚がなるべく早く成立すること、そしてBさんの不貞行為に対する慰謝料の支払を希望していました。

    井上弁護士はAさんの意向を最大限汲み取って、相手方であるBさんとの交渉を続けました。

    調査結果という確固たる証拠がありましたから、Bさんは不貞相手がいることを認めました。

    しかし、Bさんは離婚することには応じたものの、Aさんの慰謝料請求を受け入れようとせず、当事者間での話し合いは平行線となり、遂には離婚調停に発展しました。

    [結果]

    離婚調停では、主に慰謝料請求と離婚に基づく財産分与が争われました。

    慰謝料について、Bさんの代理人からは、Aさんが家庭をかえりみない人であるため婚姻関係が破綻したのだと主張されました。

    しかし、Aさんとしては精一杯家庭のためを思って生活していました。

    井上弁護士は、そのような主張は認められないこと、そして何よりBさんが不貞関係を持ったことが離婚の発端であることを、真摯に伝えました。

    その結果、Aさんの慰謝料請求は認められ、離婚も無事に成立しました。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス