• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談145 有責配偶者(9)

不貞相手の夫から300万円の慰謝料請求、減額交渉してほしい。

既婚者の女性と交際していました。彼女は離婚を考え別居をしようとしていたのですが、私との不貞関係を彼女の夫に知られてしまいました。ある日、彼女の夫から300万円の慰謝料を請求する通知と同時に調停を申し立てられ…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:30代
    • 担当弁護士:
      川口 真輝 弁護士
  • [背景]

    Aさんは既婚者であるBさんと交際していました。

    Bさんは夫Cさんとの離婚を決意し、別居しようとしていましたが、夫Cさんに不貞の事実がバレ、Aさんのもとに、Cさんから300万円の慰謝料を請求する旨の内容証明郵便が届きました。また、これと同時にその慰謝料請求について調停が申し立てられたのです。

    いきなり調停を申し立てられ、どうすればよいかもわからず困惑したAさんは当法律事務所に来られました。

    [相談内容と弁護士対応]

    AさんはBさんとの間で不貞行為があったことについては、事実であると認めています。しかし、Aさんは、Cさんから請求された300万円の慰謝料というのはあまりに高額で、どうにか減額してもらえないかと考えていました。

    相談を受けた川口弁護士は、Aさんの代理人として調停に出廷し、BさんとCさんの婚姻期間がたった1年であることや、不貞が発覚した後も婚姻関係が続いていること、すでにAさんとBさんの関係は解消していることなどから、300万円の慰謝料額があまりに過大であることを主張して、慰謝料の減額を求めました。

    [結果]

    調停の結果、AさんはCさんに対して300万円の慰謝料のうち、期日までに150万円を支払えば、残りの150万円は免除するとの合意に至りました。

    実質的に、Aさんは150万円の慰謝料の支払いで済むため150万円を減額できたといえます。この合意を和解調書にまとめ、お互い納得のいく結論を出すことができました。

    このことをきっかけにAさんとBさんは関係を解消し、その一方でBさんは夫Cさんとの結婚を続けることになりました。Aさんは、過大な債務を負うことなく、新しい人生のスタートを切れたのです。

    不貞行為によって慰謝料請求権が発生することは否定できませんが、客観的な視点を持った弁護士が介入することで、その額を適切な範囲に減額し、双方納得のいく合意をすることができます。お困りの際はぜひ弁護士にご相談にいらしてください。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP