• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

離婚弁護士の解決事例Case

-- 離婚相談146 慰謝料請求(55)

SNSで知り合った女性から慰謝料請求。

SNSで知り合った女性と交際していました。結婚前提ではありません。交際から数ヶ月経ったころ、彼女から突然、妊娠の連絡がありました。今後についてどうしたらよいかと考えているうちに、彼女は勝手に中絶してしまい、慰謝料として200万円を請求され…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:30代
    • 職業:自営業
    • 担当弁護士:
      吉田 美穂子 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、SNSを通じてBさんと知り合いました。二人は出会ってすぐに意気投合し、交際が始まりました。

    ある日、AさんはBさんから妊娠したことを告げられました。Aさんは避妊をしていたし、Bさんがアフターピルも使用していたことを知っていたため、どうしても腑に落ちないでいました。

    Aさんが今後について考えているうちに、Bさんは勝手に中絶してしまいました。そして、ほどなくBさんの弁護士から、過去の裁判例をもとに、中絶費用全額と弁護士費用、慰謝料併せて合計200万円もの金額を請求する通知が届いたのです。

    Aさんは、請求されている慰謝料を支払う義務があるのかを疑問に思い、当法律事務所に相談にいらっしゃいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    吉田弁護士は、Aさんが結婚する意志はないということを確認した後、Aさんから、結婚しようという発言やプロポーズを匂わせる趣旨の発言も一切していないということを聞きました。

    そこで、吉田弁護士は、Aさんが登録していたSNSサイトは結婚を前提に登録するものではないことや、Aさんに結婚する意志がないことから、相手側弁護士が主張している裁判例の射程がAさんには及ばないことを主張し、200万円もの損害賠償請求は認められないと反論しました。

    [結果]

    吉田弁護士の主張が実り、Aさんが和解金として50万円を支払うものとして、AさんとBさんとの和解が成立しました。

    当初、Aさんは200万円請求されていましたが、和解金では手術費用や、慰謝料を全て含めて4分の1まで減額することができました。

    SNSがいろんなサービスを提供し、利便性が向上していく社会ですが、その反響としてインターネット特有の複雑で面倒な問題も増加しています。思いもよらぬトラブルに巻き込まれてしまったら、一人で悩まず、弁護士にご相談にいらしてください。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚弁護士の解決事例一覧へ

初回60分まで
無料法律相談実施中!

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

0120-272-585
無料法律相談のご予約

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス