• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談153 慰謝料請求(58)

夫と信頼していた同僚が不倫…裏切られた精神的損害を慰謝料請求。

夫の行動を不審に思い、行動監視調査を依頼したところ、同僚の女性と不倫をしていることが分かりました。信頼していただけに、裏切られた精神的ショックは計り知れません。不倫相手に慰謝料請求を…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:40代
    • 婚姻歴:4年
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      広瀬 里美 弁護士
  • [背景]

    Aさんと夫は共働きの夫婦であり、同じ会社に勤務をしています。
     夫の残業で帰りが遅くなることが増え、浮気を疑ったAさんが探偵事務所に行動監視調査を依頼したところ、夫と同僚の女性Bが不倫関係にあることが分かりました。

    夫の不倫相手Bとは、3人で食事をするなど、信頼している人物だっただけに、裏切られた精神的ショックは計り知れないものでした。

    Aさんは、到底許すことはできないと、不倫相手Bに精神的苦痛に対する慰謝料請求を考え、当法律事務所に相談にいらっしゃいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんの希望は、不倫相手Bによって被った精神的苦痛に対する慰謝料請求に加えて、業務上必要不可欠な場合を除いては夫と一切接触しないことを約束してほしいとのことでした。

    広瀬弁護士は慰謝料請求に加えて、不貞行為を認め謝罪すること、業務上必要不可欠な場合を除いて、一切接触しないことなどの誓約条件を盛り込んだ示談書を作成し、不倫相手Bに通知しました。

    [結果]

    広瀬弁護士による交渉の結果、不貞行為をしていたことを認め謝罪すること、慰謝料として120万円を支払うこと、業務上必要不可欠な場合を除き、一切接触しないことなどを誓約することで合意し、示談が成立しました。

    夫や信頼する同僚に裏切られた心の傷はすぐに癒えるものではありません。
    しかし、慰謝料請求によって清算することで、気持ちに一区切りつき、新たなスタートをきることができたそうです。
     配偶者の浮気や不倫でお悩みの際は、決して一人で苦しまず、ぜひ当法律事務所にご相談ください。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚問題の解決事例一覧へ

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP