• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談162 慰謝料請求(61)

慰謝料の減額と分割払い交渉をしてほしい。

彼と付き合い始めてから、彼が妻子ある既婚者だと知りました。既婚者と知ってからも、なかなか別れられずにいたら、彼の奥さんから慰謝料を請求されてしまいました。私はアルバイトで生活していて、貯金もないので、慰謝料の減額と分割払いができるように…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:20代
    • 職業:アルバイト
    • 担当弁護士:
      木村 光伸 弁護士
  • [背景]

    Aさんは飲食店で知り合った男性Bと親しくなり、ほどなく交際が始まりました。
     しかし、Bは妻子ある既婚者でした。Aさんはこのことを交際開始後に知りましたが、別れることができず、そのまま関係を続けていました。

    男性Bとの不倫関係を続けていると、夫の浮気に気づいた妻Cから慰謝料として500万円を請求されてしまい、話し合いで減額と分割払いを希望しましたが、結局話はまとまらず、とりあえず30万円ほど支払って、うやむやになっていました。

    [相談内容と弁護士対応]

    数ヶ月後、再び妻Cから慰謝料として100万円を請求されてしまったAさんは、金銭的に余裕がなく、100万円という金額は高額であったため、一括では支払うことができませんでした。そのため、慰謝料の減額交渉ができないか、ご相談にいらっしゃいました。

    弁護士は、妻C(以下、相手方)に、Aさんは金銭的に余裕がないこと、分割払いであれば応じること、すでに支払った金額を差し引いた残額の支払いについては誠意を持って応じる旨の和解条項を相手方に提示しました。

    [結果]

    交渉の結果、慰謝料額は希望していた既払い分を差し引いた額に減額され、また分割払いについての合意も得ることができました。
     このように、弁護士が代理人として間に入り、衡平な慰謝料額へと減額交渉を行うこともできるので、お困りの方は、ぜひ弁護士にご相談ください。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚問題の解決事例一覧へ

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス