• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談164 離縁調停(1)

妻の連れ子との養子縁組を今すぐ解消したい。

妻と結婚して数ヶ月で離婚しました。妻とは夫婦関係の実態もなく、妻の連れ子との間に親子関係はありません。しかし、離婚後も養子縁組の解消を拒まれ、連れ子の生活費や養育費を払わされています。親子関係のない元妻の連れ子との養子縁組を今すぐに解消したい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:50代
    • 婚姻歴:3ヶ月
    • 担当弁護士:
      木村 光伸 弁護士
  • [背景]

    Aさんは結婚相談所で出会った女性Bと結婚しました。妻Bには大学進学を控えた連れ子Cがおり、結婚後は3人で同居する予定でした。そのため、同居のための部屋を郊外に借りるなど同居に向けた準備をしていました。また、妻Bの結婚相談所に対する成就金も代わりに支払っていました。

    ところが結婚後に妻Bと連れ子Cは、通学の不便さを理由に都心での同居を主張してきましたが、その後、妻Bからは同居について具体的な話は全く出ませんでした。
     加えて、Aさんは結婚後、同居するまでの期間も妻Bと連れ子Cの生活費などを支払っていたにも関わらず、結婚後のやりとりはメールがほとんどで、何かと理由をつけて会うことを拒まれているようでした。

    そのような状態が続いているなか、Bさんの仕事の事情で、仕事が一段落してから復縁する条件で、離婚しました。ところが、いつまで経っても復縁の気配は見られず、Bの連れ子Cとの養子縁組は解消されないままAさんは生活費を支払っています。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、このままでは親子関係の全くなかったBの連れ子へ生活費の支払いを続けなければならなくなってしまうことから、早急にCとの離縁をしたいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

    弁護士は、Bの連れ子Cに対して養子離縁届けを通知しました。ところがCは養子離縁届けを無記入で返送してきました。

    そこで、弁護士は早期解決を図るため、裁判所に離縁調停を申し立てました。離縁調停において弁護士は、AさんとBには夫婦関係の実態がなかったこと、すでに離婚していることを踏まえると、Cと親子関係を続ける合理的な理由がないことを主張しました。
     また、Bに対して渡していたAさんの写真及び履歴書、社員証コピー等を悪用されないために、返却若しくは破棄を要求しました。

    [結果]

    交渉の結果、AさんとCは離縁することになりました。また、 返却もしくは破棄を求めていた書類などについては破棄することで合意を得ることができました。

    離縁しようとしている相手方が離縁を拒んでいる場合には、当事者だけでは話をまとめることが難しくなります。しかし、そのような場合に弁護士が間に入ることでスムーズに話を進めることができるようになります。お困りの際はぜひ弁護士にご相談ください。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP