• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談30 スピード解決(5)

離婚せず、1ヶ月以内のスピード示談。

夫は5年前から単身赴任をしています。先日突然、夫から「付き合っている人がいるので、離婚してほしい」と言われました。私は離婚する気はありません。夫の浮気相手にも家庭がありながら「別れない」と強気な態度で…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:40代
    • 婚姻期間:29年
    • 子ども:2人
    • 担当弁護士:
      嶋田 葉月 弁護士
  • Aさんの夫は、5年前から単身赴任をしていましたが、先日突然、夫からAさんに対し「付き合っている人がいるので、離婚してほしい」との申し出がありました。Aさんは、婚姻関係の継続を望んでいましたので、浮気相手の女性のBさんと話し合いをするために、単身赴任先へ駆けつけました。

    浮気相手のBさんは、Aさんとの話し合いで、別れるつもりはない、という強硬的な態度でした。そこで、Aさんは、夫とBさんの関係の解消を望み、当事務所に相談にいらっしゃいました。

    当事務所の嶋田弁護士は、裁判まで持ち込んでしまうと、Aさんの手間が大きくなってしまうので、話し合いでの解決が望ましい、と考えました。裁判をする場合、通常、訴えられる側の住所地にある裁判所で裁判をしなければならず、浮気相手のBさんの住所地は遠く離れた夫の単身赴任先だったからです。

    Aさんからご依頼いただくと、嶋田弁護士は、さっそくBさんに電話し、交渉を開始しました。その交渉の中で、Bさんも結婚しており、夫にばれないように解決したいと考えていることを察し、交渉を有利に進めることができ、しかも早期の解決ができる、と嶋田弁護士は確信しました。

    この予想通り、最終的に、BさんはAさんに対し解決金として120万円を支払う、Bさんは今後Aさんの夫に一切接触しない、仮に接触した場合には違約罰として直ちに500万円を支払う、という内容の示談を公正証書で成立させました。この違約罰の規定は、Aさんの夫の単身赴任生活がこれからも続くため、一切接触しないという条項の実効性を確保するのに、非常に有効な手段となります。

    Aさんが相談にいらっしゃってから公正証書を作成するまで、1か月以内でのスピード解決でした。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス