• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談34 慰謝料請求(7)

強気な姿勢での離婚交渉、慰謝料増額。

夫が取引先の女性と浮気をしていました。夫には不信感と嫌悪感しかなくなり、今は別居しています。精神的にもボロボロで、心療内科に通院しています。夫の浮気相手に慰謝料を請求したいです…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 婚姻期間:1年
    • 子ども:
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      嶋田 葉月 弁護士
  • [背景]

    Aさんは結婚1年目を迎え、夫と休みが合えば一緒に旅行に行くなど、しあわせな日々を送っていましたが、ある頃から、夫は取引先の従業員の女性Bと頻繁に会うことが増えていきました。

    不審に思ったAさんが夫を問い詰めたところ、夫はその女性Bとの浮気を白状しました。

    夫の浮気が発覚してから、Aさんは夫に対して不信感と嫌悪感を抱くようになりました。度重なる体調不良が続き、ついには心療内科へ通院しなければならないほどAさんは精神的にボロボロになっていきました。

    そして、夫婦生活を続けることに限界を感じたAさんは、夫と別居することになりました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、夫の浮気相手Bに対し、何らかの請求をしたいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

    嶋田弁護士は、浮気相手Bに慰謝料の支払いを求め交渉を始めました。

    しかし、浮気相手Bの弁護士は、Aさんが浮気相手Bの関係者に、Bが妻帯者と浮気をしていることを伝えるなどしたことは名誉毀損にあたり、慰謝料は減額されるべきであると主張し、低額の慰謝料を提示してきました。

    嶋田弁護士は、相手方弁護士の主張に納得がいかないと、提示された低額な慰謝料では示談はしないし、訴訟も辞さないと強気の姿勢で交渉を進めました。

    [結果]

    嶋田弁護士の交渉により、慰謝料は増額され、浮気相手Bからの謝罪文の提出で示談が成立しました。

    このように、弁護士が交渉を行い、ときに強気な姿勢で臨むことで、依頼者の精神的負担をできるだけ少なく、そして希望する慰謝料を勝ち取ることができる場合があります。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚問題の解決事例一覧へ

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP