• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談35 スピード解決(6)

夫の浮気相手からの直接謝罪と慰謝料を。

私はただ、夫の浮気相手に誠意ある謝罪をしてほしいだけです。けれども、謝罪どころか弁護士を立ててきました。今まで、私一人で相手の弁護士と交渉してきたのですが、もう心身ともに疲れ切ってしまって…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:50代
    • 子ども:
    • 担当弁護士:
      安部 直子 弁護士
  • Xさんは、長年にわたり夫と幸せな結婚生活を送っていました。しかし、夫が大学時代の同窓会に出かけた日以降、学生時代の元恋人の女性と頻繁に会うようになりました。Xさんが、夫を問い詰めたところ、浮気をしていたことを認めました。Xさんは、夫とその浮気相手に誠意をもって謝ってもらえれば満足でした。

    ところが、浮気相手の元恋人は誠意のこもった謝罪をすることなく、SNSを用いて夫との連絡を取るなど、関係を断ち切りませんでした。

    浮気相手の女性は、代理人として弁護士を立てたため、Xさんはその弁護士と交渉してきました。しかし、なかなかXさんの満足いく解決には至らず、時間だけが過ぎて行きました。

    その間、Xさんはストレスでうつ病にかかり、過呼吸などの症状も出だし、自殺を考えることもありました。

    この事件を解決するべく、Xさんが当事務所に相談にいらっしゃったのは、このように心身ともに疲れきっていた時でした。Xさんの一番の願いは、不倫相手の女性に誠意のこもった謝罪をしてもらうことでした。

    この事件を担当した安部弁護士は、Xさんの希望に沿うべく、浮気相手の弁護士に「直接あって謝罪をしていただきたい。」と伝えたところ、当初浮気相手の弁護士は「直接当事者を会わせることはできない。」と言って拒否していました。

    しかし、浮気相手自身も既婚者であり、アーティスト活動もしていることから、あまり大事にできないという点等を生かし、安部弁護士が交渉をしたところ、1か月足らずの間に、浮気相手がXさんに謝罪した上で慰謝料を支払うというXさんの希望にかなう内容の示談が成立しました。その後、双方代理人弁護士立ち会いのもと、Xさんは浮気相手から直接謝罪をしてもらいました。

    このように、当事者自身ではうまく交渉ができないという事件でも、弁護士を介して交渉することで、スピーディーな解決が得られる場合があります。また、浮気相手に弁護士がついた場合には、なおさら、こちらも弁護士をつけて戦わないと、自己に不利な方向に流れてしまいます。一人で考えず弁護士にご相談ください。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス