• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

離婚弁護士の解決事例Case

-- 離婚相談38 慰謝料請求(9)

時効消滅後、不倫相手への慰謝料請求。

妻の不倫と私の単身赴任をきっかけに、別居から3年が経ちました。はじめは復縁を期待していたので、不倫相手には慰謝料を請求しませんでしたが、今回、離婚をするにあたり不倫相手に慰謝料を請求したい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:40代
    • 子ども:2人
    • 担当弁護士:
      平沼 夏樹 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、妻の様子を不審に思い、探偵会社に行動調査を依頼したところ、妻の不倫が発覚しました。

    Aさんは、妻に不倫の事実を問いただすと、激しい口論となってしまいました。そして、夫婦関係が修復されないまま、Aさんの単身赴任をきっかけに、別居することになりました。

    はじめは復縁を期待していたAさんでしたが、別居から3年が経ち、復縁への気持ちも薄れてしまったため、離婚することを決心しました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、妻の不倫が発覚した当時、まだ妻との復縁を期待していたため、不倫相手Bに慰謝料を請求しませんでした。

    そこで今回、離婚をするにあたり、妻の不倫相手Bに慰謝料を請求したいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

    しかし、慰謝料請求権は3年で時効にかかってしまいます。
     Aさんは、3年前に浮気の事実を知っていたため、もはや慰謝料請求をすることができない事案でした。

    平沼弁護士は、慰謝料請求権が既に時効にかかっていることをAさんに説明した上で、妻の不倫相手Bに慰謝料を請求しました。

    不倫相手Bは、Aさんの妻が既婚者であることを知らなかったなどと言い訳し、慰謝料の支払いを拒否していましたが、平沼弁護士が交渉を続けるうちに、「解決方法によっては慰謝料の支払いに応じる」と態度をやわらげていきました。

    [結果]

    交渉の結果、不倫相手BはAさんに、慰謝料として75万円を支払うこと、今後Aさんの妻と接触した場合には100万円を支払うこと、第三者への口外を禁止することなどが約束されました。

    慰謝料は、時効にかかってしまうと請求できなくなるのが原則です。ですから、慰謝料を請求したいという気持ちが少しでもあるならば、できるだけ早く弁護士に相談するなどの準備が必要です。
     しかし今回のように、万が一、時効にかかってしまっていても交渉次第で解決できる可能性もありますので、弁護士に一度ご相談にいらしてください。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚弁護士の解決事例一覧へ

初回60分まで
無料法律相談実施中!

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

0120-272-585
無料法律相談のご予約

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス