• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

離婚弁護士の解決事例Case

-- 離婚相談39 慰謝料請求(10)

慰謝料請求権の時効まで1ヶ月。

妻の不倫相手に慰謝料を請求したいと考えていますが、時効まで1ヶ月もないとわかりました。このまま時効になって、慰謝料を支払ってもらえず、不倫の事実がうやむやになってしまうのは避けたい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 子ども:あり
    • 担当弁護士:
      嶋田 葉月 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、妻が既婚男性と不倫関係にあることを知りました。離婚を考えたAさんは、妻に協議離婚を申し出た上で、慰謝料として200万円を請求するつもりでいましたが、妻が不倫相手Bの慰謝料も自分が支払うと懇願したため、特に何もしませんでした。

    しかし、その後の妻はAさんを無視するなど、反省の気持ちが感じられることがなく、あまりに不誠実であったため、Aさんは、今度こそ慰謝料請求をしようと決心しました。しかし、それはAさんが妻の不倫の事実を知ってから2年11ヶ月経った頃でした。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、妻の不倫相手に対する慰謝料請求が時効にかかってしまうと知り、ご相談にいらっしゃいました。

    浮気や不倫などの不貞行為は、法律上「不法行為」にあたり、損害賠償請求(慰謝料請求)の対象となります。
     不倫相手に対する損害賠償請求権は、請求権者がその事実があったことを知ったときから3年で時効となってしまい、その後は請求できなくなってしまいます。

    嶋田弁護士は、時効まで1ヶ月もない中で、委任後すぐに妻の不倫相手に対して、慰謝料請求を行いました。

    [結果]

    Aさんは、妻に対する慰謝料200万円、妻の不倫相手に対する慰謝料100万円を請求することができました。

    浮気や不倫の不貞の事実を知り、慰謝料請求をお考えの方は、できるだけ早めに弁護士へご相談されることをおすすめします。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚弁護士の解決事例一覧へ

初回60分まで
無料法律相談実施中!

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

0120-272-585
無料法律相談のご予約

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます
お問い合わせはこちら
0120-272-585 離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス