• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談43 慰謝料請求(12)

妻の浮気相手へ慰謝料請求したい。

妻が職場の同僚と浮気をしています。妻との離婚は考えてはいません。浮気相手には慰謝料を請求したいが、たとえ別れても妻と浮気相手とはこれからも同じ職場なので…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:30代
    • 婚姻期間:2年
    • 担当弁護士:
      嶋田 葉月 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、妻と結婚して2年間、生活を共にしていました。
     ある日、ふとしたことから妻の携帯のSNSの履歴を見て、妻が浮気していることに気づきました。浮気相手Bは、妻の職場の同僚でした。

    Aさんは、妻との離婚は考えていませんが、妻をそそのかした浮気相手Bがどうしても許せないという気持ちがあり、慰謝料を請求したいとご相談にいらっしゃいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    嶋田弁護士は、慰謝料として200万円を請求すること、Aさんの妻と浮気相手Bが今後一切、接触しないよう念書を作成させる方向で、浮気相手Bと交渉を始めました。

    浮気相手Bは、Aさんの妻との浮気の事実を認め、反省しているようでしたが、正式な交渉は、代理人を通して行いたいと申し出ました。

    その後、浮気相手Bの代理人から、慰謝料として200万円を支払うという回答がありました。ただし条件として、Aさんの妻とは職場が同じため、仕事上の接触は許してほしいということを要求してきました。

    しかし、この要求をそのまま飲んでは、再び浮気に発展しかねません。
     そこで、嶋田弁護士は「職場以外のプライベートで接触することがあれば罰金を支払う」という条件を提示しました。

    [結果]

    交渉の結果、浮気相手Bは「慰謝料として200万円を支払うこと」、またAさんの妻と「職場以外のプライベートで接触しない、職場以外で接触した場合には400万円の罰金を支払う」という内容で示談が成立しました。

    このように、浮気相手に責任を果たしてもらうために、どのような手段を取ることができるのか、交渉を有利に進めるためにどうしたらよいかなど、ご自身では判断がむずかしいことが多いと思われます。

    また、示談交渉となった場合、相手方にも、弁護士などの代理人がつくことが多く、その場合、法的知識を有していないと、示談交渉で自らに不利な条件を盛り込まれてしまう場合もあります。
     そのようなリスクを避け、自からの希望を実現するためにも、まずは弁護士にご相談されることをおすすめします。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚問題の解決事例一覧へ

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP