• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談44 不倫(2)

夫と不倫相手を別れさせたい!

「夫の様子がおかしいと思ったら、同じ職場の派遣社員と不倫をしていました。とにかく不倫相手には別れてほしいのと、夫に二度と近づかないでほしいです。そして、ちゃんと謝罪してもらいたい…」


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 担当弁護士:
      嶋田 葉月 弁護士
  • Aさんは、夫の様子がいつもと違うことから、夫が不倫しているのではないかと疑い、クレジットカードの履歴を調べました。すると、不審な記録がいくつも見つかり、これをさらに調べた結果、夫が継続的に不倫をしていたことが発覚しました。夫の不倫相手は派遣社員の女性でした。

    Aさんは、とにかく相手の女性に夫との関係を絶ってほしいと願い、なるべく早く不倫相手の女性と夫を別れさせようと考えて当事務所にいらっしゃいました。Aさんはとにかく早く不倫相手と夫とを別れさせること、相手の女性に謝罪してもらうことを強く望んでいました。

    嶋田弁護士は不倫相手の女性に対し、Aさんに謝罪すること、今後Aさんの夫に近づかないこと、もし近づくことがあれば違約金を支払うこと、を内容とする示談を提案しました。交渉の結果、相手の女性はこの提案に納得し、無事に示談が成立しました。このようにして、きわめて短期間でAさんの希望に沿う解決をすることができました。

    配偶者の不倫が発覚した場合、当然のことながら、どうしても感情的になりがちです。そのため、不倫相手と直接交渉するとなれば、感情的な面でも抑制がきかず、精神的ストレスは大きくなってしまいます。Aさんの場合も、Aさん自身が示談の交渉を行っている最中であるにもかかわらず、不倫相手が夫と連絡をとるのをなかなかやめなかったため、Aさんをイライラさせられてしまうことが、しばしばありました。

    このような交渉が長引いてしまうと、精神的に大変疲れてしまいます。
    弁護士を通すことで、煩わしいやりとりから解放され、大幅にストレスを軽減することができます。

    また、不倫相手と直接交渉しようとすると、ストレスがたまるだけでなく、感情的になるあまり、交渉がこじれて泥沼化してしまうこともあります。この点でも、弁護士を通すことで、冷静に交渉を進めることができ、相手方にもこちらの主張を受け入れてもらいやすくなります。その結果、早期の解決を図ることができます。

    Aさんの場合、弁護士を通じて相手方と交渉したことで、相手方とのやりとりを直接することは一切なく、早期に夫と不倫相手を別れさせることができました。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス