• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

離婚弁護士の解決事例Case

-- 離婚相談45 慰謝料請求(13)

氏名や連絡先が不確かな不貞相手へ慰謝料請求。

妻の携帯電話から、私の単身赴任中に、妻が不貞行為をしていたことが発覚しました。しかし、病床の妻の状態が思わしくなく、相手のことを聞きだすことができません。私は妻の不貞相手に慰謝料請求をしたいのですが、手掛かりは携帯電話の番号だけ…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:50代
    • 子ども:有り
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      平沼 夏樹 弁護士
  • Aさんは、妻と結婚して10年以上になりますが、妻が突然の病気で意識不明の重体となってしました。Aさんは、妻の携帯電話の中身をAさんの娘と一緒に確認してみたところ、Aさんが単身赴任をしている時期に、男性相手との不貞行為があったことが疑われる内容のメールが散見されました。

    これに憤りを感じたAさんは、不貞行為の男性相手に対し、何らかの請求をしたいと思い、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

    平沼弁護士は、メールの内容を確認した上で、不貞行為の存在を窺わせるものも見つかっていることから、男性相手に慰謝料の支払いを求めることにしました。

    しかし、Aさんは男性相手がどのような人物なのかわからず、またAさんの妻も意識不明の重体であり、男性相手の情報を聞き出すことができません。相手方との連絡に必要な氏名、連絡先、その他の情報が不明で、慰謝料請求の交渉を進めることが困難な状況でした。

    そこで、相手方を特定するために、平沼弁護士は、相手方が使用していると思われる携帯電話の番号の契約者情報の照会を求めるために、弁護士法の規定に基づいて、弁護士会照会を申し出ることにしました。

    弁護士会照会によって、携帯電話会社からの照会結果を確認した平沼弁護士は、まず相手方と直接交渉した方が問題解決にとって望ましいと考えました。そこで、相手方に直に電話をかけましたが、なかなかつながらなかったので、相手方の住所宛に内容証明郵便を発送することにしました。

    平沼弁護士は、裁判になって長期化するよりも、お互い納得の上で、早期に解決した方が望ましいと考え、示談の方向でまとめようと、相手方代理人と交渉することにしました。

    相手方代理人の言い分によれば、生活苦なので慰謝料としては100万円が限界とのことでしたが、平沼弁護士は慰謝料200万円を提示した上で示談をまとめようと考えました。

    その結果、慰謝料150万円で示談が成立し、Aさんは無事男性相手から慰謝料の支払いを受けることができ、無事解決しました。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚弁護士の解決事例一覧へ

初回60分まで
無料法律相談実施中!

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

0120-272-585
無料法律相談のご予約

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます
お問い合わせはこちら
0120-272-585 離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス