• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談47 不倫(3)

不倫相手の奥さんから慰謝料請求。

妻が不倫をしていました。私は、妻と離婚する意思はありません。私は、妻と妻の不倫相手、その不倫相手の奥さんとの4者で今後について話し合ったのですが、慰謝料請求をする、しないで揉めています…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:30代
    • 子ども:なし
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      平沼 夏樹 弁護士
  • Aさんは妻Bさんが度々、朝帰りを繰り返すことを不審に思い、携帯電話を見たところ、妻が不倫をしているようなやりとりを発見しました。そこで、Aさんは探偵事務所に不倫の調査を依頼し、その結果、妻Bさんが不倫をしていることが発覚しました。

    Aさんは、妻BさんとCさんとその妻を交え、4人で不倫問題についての解決策についての話し合いを進めてきましたが、なかなか解決には至りませんでした。また、不倫相手Cの妻がAさんの妻Bさんに対して慰謝料請求を行う意向を強く示していました。

    Aさんは妻と離婚する意思はなかったため、仮に、Aさんの妻BさんがCさんの妻から慰謝料請求されれば、Aさんの家庭の家計に不利益が生じるという状況でした。そのため、Cの妻からAさんの妻Bさんに対する慰謝料請求を避けることが、Aさんにとっても望ましい結論でした。

    そこでAさんは、当事務所にご相談にいらっしゃいました。
    Aさんは当初、妻Bさんの不倫相手Cとの慰謝料請求額について折り合いがつかなければ訴訟も辞さない気持ちを持っていました。しかし、裁判を行うと金銭的にも時間的にも当事者に負担がかかります。

    平沼弁護士は、話し合いによる解決が望ましいと考え、弁護士を交えた上で、4人での話し合いを行うこととなりました。

    なかなか解決に至らなかった話し合いも、弁護士を交えた結果、4人の間での示談が成立しました。

    その内容は、妻Bさんの不倫相手CがAさんに対して解決金として30万円支払うこと、Aさんの妻Bさんと不倫相手Cの接触を今後一切禁止し、接触した場合には10万円を支払うとの条項に加え、第三者に対して口外しないとの条項が定められました。

    妻Bさんの不倫相手Cの妻からAさんの妻Bへの慰謝料請求は行われず、今後も慰謝料請求を行わないとの合意がなされ、Aさんは経済的不利益を回避することができました。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP