• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

離婚弁護士の解決事例Case

-- 離婚相談49 慰謝料請求(14)

続く不貞関係を解消、家庭を壊すことなく示談。

もう別れてくれたと思っていたのに…夫と浮気相手の関係は続いていました。私は夫の浮気相手に直接連絡をしたのですが、謝罪の言葉の一つもありませんでした。今後一切、夫には会ってほしくないし、慰謝料も請求したいです。


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 子ども:
    • 担当弁護士:
      川口 真輝 弁護士
  • Aさんは、ある日、夫の携帯電話等から夫が去年の秋ごろから、同じ勤務先の既婚女性(B)と不貞関係にあることを知りました。そこで、Aさんは夫を問いただしたところ、夫は不貞行為を認めてAさんに謝罪しました。そのため、Aさんは、夫はもう不貞関係を解消しただろうと思っていましたが、その後、依然として夫とBとの不貞関係は続いていました。

    不貞関係が続いていたことを知り、不満に思ったAさんは、夫の不貞相手Bに直接電話しました。しかし、BはAさんの夫とは別れようとは思っていると述べるばかりで何らの謝罪の言葉もありませんでした。

    そこで、Aさんは、夫の不貞行為に関する証拠を見つけるために探偵会社に依頼して、夫の行動を調査することにしました。

    調査の結果、夫がBとホテルに滞在していた事実が発覚したので、Aさんは、Bに対して何らかの請求をしたいと思い、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

    川口弁護士は、通知書という形で、Bに対して慰謝料の支払いを求めることにしました。

    今回の不貞行為によって、Aさんは精神的苦痛を被ったとして400万円を請求した上で、今度一切、夫との接触行為を行わないとする念書を提出するように求め、さらには民事訴訟にも辞さない考えであることを伝えました。

    これに対して、Bは400万円ではあまりにも高額であり、とても支払える金額ではないと主張した上で、今後一切、Aさんの夫とは連絡しないので、不貞関係について第三者に口外せず請求を取り下げて欲しいと求めてきました。

    そこで、川口弁護士はAさんと協議の上、今回の不貞行為については慰謝料請求を行わないが、BはAさんに謝罪すること、BはAさんの夫に対して一切の接触行為を行ってはならないこと、今回の件については第三者に口外しないこと等をBとの間で交わすことにしました。

    さらに、これらの規定に違反して夫との不貞行為が発覚した場合には、慰謝料として500万円を支払うことも約束しました。結果、AさんはBとの間で示談を成立させることができ、事件は無事に解決することになりました。

    このように、弁護士が間に入り交渉に臨むことで、第三者に口外されず、かつお互いの家庭を壊すことなく穏便に事件を解決することもできるのです。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚弁護士の解決事例一覧へ

初回60分まで
無料法律相談実施中!

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

0120-272-585
無料法律相談のご予約

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます
お問い合わせはこちら
0120-272-585 離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス