• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

離婚弁護士の解決事例Case

-- 離婚相談55 慰謝料請求(15)

責任をとってほしい…夫の不倫相手に慰謝料請求。

夫婦仲良く、幸せに暮らしていたのに…夫を奪った不倫相手が許せません。不倫相手にはちゃんと責任をとってもらうために、慰謝料を払ってもらいたい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 職業:専業主婦
    • 担当弁護士:
      川口 真輝 弁護士
  • [背景]

    Aさんは結婚後、なかなか子供を授かることはできませんでしたが、夫婦仲良く、幸せに暮らしていました。

    ある日、Aさんは了承を得て、夫の携帯電話を使用する機会がありました。すると偶然、夫と女性が親しげにメールをやりとりしている履歴を見つけてしまいました。

    Aさんは夫にその女性と連絡を取り合うことを止めるように求めると、夫は素直に了解してくれたため、Aさんはすっかり安心していました。

    数か月後、Aさんは夫から突然離婚を切り出されました。夫はそのまま家を出て行ったきり、帰ってくることはありませんでした。

    夫の所在を確かめるため、探偵に調査を依頼すると、夫は不倫相手Bと夫婦同然の生活をしていることが分かりました。そして、一緒に生活する不倫相手Bとは、夫と親しげにメールをやりとりしていたあの女性だということも分かりました。

    Aさんは、不倫相手Bに慰謝料を請求したいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    川口弁護士は、不倫相手Bに慰謝料請求を行いました。

    すると、相手方の弁護士から「Aさん夫婦の婚姻関係は既に破たんしており、不貞行為(浮気・不倫)によって夫婦関係を壊したとは言えないため、不法な行為があったとは言えず、慰謝料請求は成り立たない。よって、請求には応じられない」と返答がありました。

    その後、不倫相手Bに対する慰謝料請求は、訴訟まで発展しました。
     訴訟の中では、「婚姻関係が破たんしていたのか」という点について、両者の主張が真っ向から対立しました。

    川口弁護士は、相手方が主張する「婚姻関係が破たんしていたとする時期」に、Aさん夫婦が子づくりついて話し合っていたこと、友人らを自宅に招き、パーティーを開いていたことなど、夫婦の婚姻関係が破たんしている状況にはなかったと積極的な主張を続けました。

    [結果]

    川口弁護士の熱心な弁護活動により、不倫相手BからAさんに、和解金として250万円を支払うことで、決着がつきました。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚弁護士の解決事例一覧へ

初回60分まで
無料法律相談実施中!

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

0120-272-585
無料法律相談のご予約

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス