• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談59 養育費(5)

夫の不倫が発覚し、離婚を決意。揉めていた養育費も弁護士の交渉でスムーズに解決。

夫が不倫をしていることが発覚し、離婚をしたいのですが、子どもの養育費で揉めています。離婚後の生活のこともあるので、慰謝料や住宅ローン、不動産にかかる税金などについても、ちゃんと請求したいのですが…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:40代
    • 子ども:あり
    • 職業:パート
    • 担当弁護士:
      安部 直子 弁護士
  • Aさんと夫Bさんは結婚後、お子さんを一人授かり、Aさんと夫Bさんは共働きをして家計をお互いに支えていました。2人は、Aさんの親御さんの手助けも借りながら、Aさん夫Bさんそれぞれが2分の1の共有持分を持つ形で土地を購入し、その上に一軒家を立てて家族3人で暮らしていました。

    ある日、Aさんは夫Bさんの行動に不信感を抱いたため、夫Bさんの不倫があるかどうか探偵に調査を依頼したところ、その結果、夫Bさんは家庭を持つ女性と不倫をしていることが発覚しました。夫Bさんは、出張を不倫相手Cと行ったり、週一のペースで二人きりで会ったりと、二人の関係は親密なものでした。

    Aさんは、夫Bさんとの離婚を決意し、当事務所へご相談にいらっしゃいました。離婚をするに際して、Aさんと夫Bさんとの間で決定する事項はいくつかありました。

    例えば、不倫をしたことに対する慰謝料の額とその支払方法について、お子さんの養育費をいくらに設定するか、住宅の名義はどうするか、土地と建物の税金は誰が支払うのか、住宅ローンは誰が支払うか、二人が共有していた車はどちらが所有をするのかなどです。

    安部弁護士は、Aさんの所得状況と夫Bさんの所得状況を把握し、適正な養育費の請求を行い、その額が決定しました。最初は、両者で養育費の額について揉めていましたが、安部弁護士が金額を調整にすることより、内容がまとまりました。

    不倫の慰謝料については、両者で200万円と決定し、既に支払っていた金額の差額分について、今後どのように支払をしていくのかが決定されました。また、自動車は夫に譲ることとし、住宅ローンの支払と土地建物にかかる固定資産税の支払についても両者で合意が成立しました。

    さらに、夫Bさんとお子さんの面会交流の頻度も両者で決められました。

    離婚の際には、住宅ローンの問題や、子どもの養育費、面会交流の問題などさまざまな問題が生じます。しかし、それを当事者間で解決するのではなく、弁護士を介在させることで、スムーズな解決が図られた事案であると言えます。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス