• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談6 協議離婚(1)

別居期間10年、経済的負担がない形での離婚。

妻とは結婚してから程なくして別居状態になり、もう10年ほどになります。今まで離婚を考えることはありませんでした。しかし、私のことを理解してくれるパートナーと出会い、彼女との新しい人生を考えるようになり…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:40代
    • 婚姻期間:12年
    • 子どもの有無:
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      安部 直子 弁護士
  • Wさんは、妻と結婚して12年になりますが、結婚当初から妻とは性格が合わず、夫婦間に子供もできなかったことから、ほどなくして別居を始め、別居後、既に10年が経過する状態でした。

    別居後は、それぞれが独立して生活をしていましたが、お互いに、不貞などの離婚原因があるとは思えなかったことから、Wさんとしては、積極的に離婚を申し入れるところまで踏み切れずにいました。

    ところが、Wさんは、職場の同僚であり、昔から、自分のことをよく理解してくれると感じていたBさんと一緒に暮らしたいと思うようになりました。

    しかし、妻と離婚しない限りは、新たにBさんと結婚することはできません。

    Wさんは、妻と離婚をし、Bさんと結婚をしたいという強い要望をお持ちになり、当事務所に相談にいらっしゃいました。

    当事務所の安部弁護士は、別居期間が長期間に及んでいることから、裁判上の離婚が認められる可能性は十分にあると判断しましたが、Wさんと妻が完全に別の生活を営んでいることに着目し、Wさんにとって、経済的負担がない形で離婚を成立させるべく、まずは、妻と交渉し、協議離婚を目指すことにしました。

    安部弁護士から、まずは、離婚に向けて一度話し合いをさせていただきたいという内容の書面を送ったところ、妻から反応があり、安部弁護士を交えて、弁護士会館で話し合いをすることになりました。

    妻との話し合いにおいて、本件で裁判になった場合の見通しと、裁判になった場合にかかる費用や手間をご説明したところ、妻から離婚をすることに同意する、また、金銭的な要求はしないとの内容で話し合いがまとまりました。

    離婚といえば、裁判というイメージがありますが、双方が納得すれば、短期間で離婚を成立させることができます。本件のように、弁護士が、裁判をした場合の見通しを伝えながら交渉をすることにより、当事者間では感情的になり話し合いにならなかった場合でも、交渉がまとまることがあります。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス