• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

離婚弁護士の解決事例Case

-- 離婚相談61 慰謝料請求(16)

別れると約束したのに…家庭を壊した不倫相手へ慰謝料請求。

夫と不倫相手は、一度は別れると約束してくれました。でも…関係は続いていました。私は精神的に追い詰められ、夫は子供たちにまで苛立ちをぶつけるようになり…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 婚姻歴:9年
    • 子ども:あり
    • 担当弁護士:
      平沼 夏樹 弁護士
  • [背景]

    夫の様子がおかしいと感じるようになったAさんが、夫の携帯電話の履歴を見ると、女性Bとの不倫をうかがわせるようなメールのやりとりが見つかりました。

    Aさんが問いただしたところ、夫は不倫を認め、不倫相手Bと別れることを約束しました。また、Aさんは不倫相手Bとも直接話し合い、不倫相手Bも夫と別れると約束してくれました。

    しかし、Aさんとの約束は守られることはなく、夫と不倫相手Bはその後も関係を続けていました。

    それでもAさんは、夫婦関係を改善し、家庭を守っていこうとしましたが、夫は、Aさんとの話し合いを避けたり、暴言を吐いたりするなどの態度をとるようになっていきました。

    Aさんは、精神的に追い詰められ、ついには自殺未遂をおこしてしまいました。しかしその時も、夫は心配するどころか、辛らつな言葉を投げつけるだけでした。

    そして、それから夫はあろうことか、自分の子供たちにまで苛立ちをぶつけるようになっていき、子供たちは、両親の不仲に深く傷つき、子供たちまで暴力的になっていきました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、家庭を壊した不倫相手Bに慰謝料を請求したいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

    平沼弁護士が、不倫相手Bに慰謝料を請求したところ、不倫相手Bは、「Aさんの夫から誘われたのだから、私の責任はそれほど重くないし、そもそもAさんから請求された慰謝料額は高額すぎて支払うことができない。30万円なら支払ってもいいが、それより高額なら訴訟を起こしてもいい」との回答がなされました。

    これに対し、平沼弁護士は、不倫相手BはAさんの夫との別れると約束をしたにもかかわらず、その約束を破り、Aさんの夫との不倫関係を続けた責任は重いと主張し、慰謝料のさらなる増額を求めました。

    [結果]

    Aさんの希望どおり、不倫相手Bに対する150万円の慰謝料請求が認められ、解決となりました。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚弁護士の解決事例一覧へ

初回60分まで
無料法律相談実施中!

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

0120-272-585
無料法律相談のご予約

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス