• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談71 慰謝料請求(21)

入籍直後に夫の浮気が発覚、浮気相手に慰謝料請求。

入籍直後、夫の浮気が発覚しました。私と結婚する前から付き合っていたみたいです。夫は浮気相手について、シラを切って教えてくれません。浮気相手には責任をとってほしい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 婚姻歴:4ヶ月
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      井上 慶一 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、夫と入籍したばかりで、挙式を4ヶ月後に控えていましたが、夫が浮気していることをうかがわせる内容のメールを見つけてしまいました。

    Aさんが夫を問い詰めると、夫は入籍前から女性Bと交際しており、入籍後の現在も交際を続けていることを認めました。

    [相談内容と弁護士対応]

    夫婦関係を続けることが困難であると考えたAさんは、離婚を決意し、ご相談にいらっしゃいました。

    担当弁護士が、夫のメールやSNSの内容を確認すると、証拠となりうるものが多数見つかったことから、浮気相手Bに対して慰謝料の請求を行うことにしました。

    しかし、Aさんは夫の浮気相手Bがどのような人物かわからず、夫も「もう別れたから連絡先は知らない」とシラを切っており、名前と電話番号しか聞き出すことができませんでした。

    相手方との連絡に必要な住所その他の情報が不明では、慰謝料請求の交渉を進めることは困難となります。そこで、担当弁護士は相手方を特定するため、電話番号をもとに弁護士会照会を申し出ることにしました。

    そして、携帯電話会社からの照会結果を確認後、相手方の住所宛てに内容証明郵便を送付しました。浮気相手Bは深く反省しており、慰謝料を払う意思があると回答しました。

    [結果]

    担当弁護士は、相手方との交渉を有利に進め、慰謝料300万円で示談が成立しました。その後、Aさんは夫と離婚し、新たな生活を始めたそうです。

    相手方の住所が不明の場合など、当事者自身では決着が付けにくい事件であっても、上記のように弁護士が交渉することで、迅速に解決することができるのです。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚問題の解決事例一覧へ

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP