• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談72 離婚調停(5)

慰謝料・財産分与、希望通りに離婚成立。

妻が子どもを連れて家を出て行ってから、1ヶ月が経ちます。婚姻中から、妻と姑の仲が悪く、たびたびもめていました…。もうこれ以上、夫婦生活を続けるのは難しいと思うので、離婚したいのですが…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:30代
    • 婚姻歴:4年
    • 子ども:2人
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      川口 真輝 弁護士
  • Aさんは、Bさんと結婚して4年目になり、2人のお子さんにも恵まれました。一方で、婚姻中、妻Bさんと姑の折り合いが悪く、育児・家事をめぐってもめることが多くありました。その度に、妻Bさんは、ヒステリーを起こして家の中の物を壊したりし、警察を呼ぶほどの騒ぎを起こしたこともありました。

    ある日、妻Bさんは、2人の子どもを連れて実家に帰ってしまいました。その際、妻Bさんは、Aさん名義の預金通帳を勝手に持ち出してしまったので、給料を下ろせないように口座を止めたところ、突然、音信不通だった妻Bさんから生活費を支払えとの連絡が来ました。

    Aさんとしては、これ以上夫婦生活を続けるのは無理だと考えており、これを機に、妻Bさんに対して離婚を申し出ることにしました。

    妻Bさんも離婚について大方了承はしているのですが、Aさんは子どもの親権やお金の問題など、この先どうしたいいのかわかりませんでした。そこで、離婚について詳しい弁護士に相談したいとのことで、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

    川口弁護士が、妻Bさんに対して、離婚の話し合いについて受任した旨を通知したところ、妻Bさんは、婚姻費用の分担と夫婦関係の調整の調停を申し立ててきました。

    Aさんは、子どもの親権も妻Bさんに譲り、特に子どもとの面会交流も希望するつもりもありませんでした。

    調停の結果、慰謝料の支払い及び財産分与はしないこと、Aさんは子どもの養育費として月々1万円ずつ支払うことを条件に、Aさんと妻Bさんは離婚する旨の調停が成立しました。

    このように、弁護士が間に入って交渉することで、慰謝料・財産分与をすることなく、依頼者の希望通りの条件で離婚を成立させることができるのです。



離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP