• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

離婚弁護士の解決事例Case

-- 離婚相談76 慰謝料請求(23)

夫の不倫相手へ慰謝料請求、訴訟になってもかまわない。

夫が、経営する会社の従業員と不倫をしていました。不倫相手には夫と別れるよう懇願し、誓約書まで交わしたのに、その後も夫と不倫相手は隠れて会っているようで…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 婚姻歴:10年以上
    • 子ども:なし
    • 職業:自営業
    • 担当弁護士:
      平沼 夏樹 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、夫が深夜に長時間電話をするようになり、また不定期に外出を繰り返すことが多くなったことから、不倫を疑うようになりました。

    そこで、探偵会社に夫の素行調査を依頼したところ、夫は経営する会社の従業員Bと不倫していることが発覚しました。

    激怒したAさんが、Bに対して夫と別れるよう懇願したところ、BはAさんの夫と「二度と会わない」という内容の誓約書を書き留めました。
     しかし、誓約書を交わしたにもかかわらず、その後も不倫関係は続いていました。

    [相談内容と弁護士対応]

    これ以上、夫婦関係を継続することは困難であると感じたAさんは、夫との不倫を続け、自分を苦しめてきたBに対して何らかの請求をしたいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

    平沼弁護士は、まずBに対して内容証明郵便を送り、慰謝料を請求する意思があることを伝えました。しかし、しばらくの間、Bからは何の応答もありませんでした。

    そこで、平沼弁護士はAさんの意思を確認した上で、Bを相手方として慰謝料請求の訴訟を裁判所に提起することにしました。

    訴訟では、BはAさんの夫が既婚者であることを知りながら、自らの意思で不貞関係(不倫・浮気)を続けており、それが原因でAさん夫婦の関係が破綻したことを積極的に主張しました。

    これに対してBは、不貞関係(不倫・浮気)を続けてきたのは、Aさんのパワハラが原因であり、誓約書も強制的に書かされたものだと反論してきました。

    [結果]

    裁判所は、Bの不法行為を認定し、慰謝料として55万円を支払うよう命じました。

    Aさんは、Bから慰謝料の支払いを受けることができ、また夫との離婚も無事に成立させることができました。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚弁護士の解決事例一覧へ

初回60分まで
無料法律相談実施中!

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

0120-272-585
無料法律相談のご予約

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス