• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談83 慰謝料請求(26)

妻の不倫相手に慰謝料を請求したい。

妻が、学生時代からの知人男性と不倫関係にあったことがわかりました。妻を言葉巧みに誘い、関係を迫った不倫相手に慰謝料を請求したい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:30代
    • 婚姻歴:10年以上
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      平沼 夏樹 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、妻Bが学生時代からの知人Cに会いに出かけることが増え、そのたびに帰宅も遅いことを不審に思うようになりました。

    ある日、Aさんが妻Bを問いただすと、知人Cとの不倫を白状しました。

    しかし、数年前から体調が思わしくなかった妻Bは、知人Cと不倫をしてしまったことを後悔しては自分を責めるようになり、日常生活も難しいほど体調を崩していきました。

    このような状況で、Aさんは長年連れ添った妻Bと離婚する気持ちにはなれませんでした。むしろ、妻Bを言葉巧みに何度も誘い出し、関係を求めた不倫相手Cを許すことができないと思うようになりました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、不倫相手Cに対して、慰謝料請求できないかとご相談にいらっしゃいました。しかし、むやみに事を荒立てるつもりはなく、紛争が長期化することは望んでいませんでした。

    弁護士は、証拠として提出されたメール履歴などを確認したうえで、まず不倫相手Cに対して不貞(不倫・浮気)の慰謝料の支払いを求める旨の内容証明郵便を送ることにしました。

    不倫相手Cは代理人を通して、不貞(不倫・浮気)については認めるが、関係を持った時点で夫婦関係は破綻していたはずだから、自分に慰謝料を支払う責任はないと反論してきました。

    しかし、Aさんは、妻Bが体調を崩して入院している間も献身的にサポートしており、夫婦関係は問題なく続いていたことは明らかであったため、反論はまったくの見当違いでした。

    [結果]

    交渉の結果、不倫相手Cから提示された和解案を受け入れる代わりに、今後一切、妻Bと接触しないこと及び第三者に本件について口外しない旨の条項を追加することで和解が成立しました。

    このように、離婚を望まない場合にも、相手方に対して慰謝料の支払いを求めることができます。また、弁護士の交渉により、面倒な裁判手続きを経ることなく問題が解決されることが多くありますので、不倫問題でお悩みの方や慰謝料請求をお考えの方は、ぜひ弁護士にご相談にいらしてください。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚問題の解決事例一覧へ

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP