• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談86 慰謝料請求(27)

妻が職場の上司と不倫…不倫相手に慰謝料請求を。

妻が職場の上司と不倫をしていました。妻を問い詰めたところ、証拠がいくつも出てきて動揺しています。離婚は考えていません。ただ、妻には今すぐにでも仕事を辞めてもらいたいし、不倫相手である妻の職場の上司には慰謝料請求をしたい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:30代
    • 子ども:あり
    • 職業:会社員
    • 担当弁護士:
      唐木 大輔 弁護士
  • [背景]

    Aさんは妻の日記から、妻が不倫していることを知りました。Aさんが妻を追及すると、不倫相手BとのSNSのメッセッージなど、証拠がいくつも出てきました。

    不倫相手Bは妻の職場の上司であったため、Aさんは妻に今すぐにでも退職してもらいたいと思いました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、離婚までは考えていませんでしたが、不倫相手Bに対しては慰謝料を請求したいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

    弁護士が立会いのもと、Aさんと妻、不倫相手Bは話し合いの機会を設け、不倫相手Bには、証拠である日記に署名捺印のうえ、不倫関係が事実であることを認めてもらい、今後一切、Aさんの妻との接触を絶つことを書面で合意しました。 
    また、後日、慰謝料について書面でやり取りをすることが約束されました。

    [結果]

    Aさんの妻は、職場での話し合いの結果、これまでの部署を異動となり、Bとは異なる上司の下で働くことが可能となりました。しかし、Aさんはそれでも、妻の職場復帰に不安がありました。

    そこで、弁護士は不倫相手Bと職場復帰に関する覚書を交わし、合意をとりました。さらに、示談金100万円の示談を締結し、職場復帰を見据え、第三者への漏えいを禁止するとの内容の合意をまとめました。

    夫婦関係をもう一度やり直すことは簡単ではありません。一度失ってしまった信頼、夫婦関係をやり直すためのしっかりとした土台をつくらなければいけません。

    このような、極めて不安定な状況で当事者たちだけでの解決は難しい事例でしたが、弁護士が介入することで、夫婦間の合意、不倫相手との合意そして、職場内での合意に至ることができました。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚問題の解決事例一覧へ

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP