• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談88 慰謝料請求(28)

妻の浮気が発覚、不貞相手に慰謝料請求を。

妻が浮気をしているのではないかと探偵会社に調査を依頼した結果、妻の浮気が発覚しました。不貞相手方に慰謝料を支払ってもらいたいと考えています。相手方弁護士によれば、夫である私にも落ち度があると…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:40代
    • 婚姻歴:10年
    • 子ども:2人
    • 担当弁護士:
      嶋田 葉月 弁護士
      亀山 大樹 弁護士
  • [背景]

    AさんはBさんと結婚して10年近くが経ち、2人の子どもにも恵まれました。ある日、Aさんは、妻Bさんの財布の中から、他の男性と一緒に写っているプリクラを発見してしまいました。Bさんの帰りが遅く、頻繁に外泊を繰り返していたこともあり、AさんはBさんの浮気を疑うようになりました。

    そこで、Bさんの浮気を調査するために、探偵を雇い、Bさんの行動を把握することにしました。すると、BさんはAさんに内緒で、会社の同僚であるCと外泊しており、不貞行為を疑わせる行動をとっていたことが明らかになりました。

    Bさんの不貞行為に激昂したAさんは、不貞相手であるCに対して慰謝料を請求したいと考え、相手方から慰謝料の支払いを求めるにはどうしたらよいのか当事務所に相談にいらっしゃいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    嶋田弁護士、亀山弁護士は、探偵会社が撮影したBさんとCとの写真を確認したところ、Cの行動はAさんとBさんの夫婦関係を破壊するものとして不法行為を構成すると判断し、Cに対して、慰謝料として500万円を支払うように求めた上で、今後一切Bさんと接触しないこと及びこれに違反した場合には違約金を支払う旨の念書を送るよう通知しました。

    これに対して、Cの弁護士は、Bさんが主導的に不貞関係を維持していたこと、及びAさんとBさんの夫婦関係は既に破綻していたことを理由に、100万円以下で和解を成立させるよう主張してきました。

    嶋田弁護士、亀山弁護士は、Bさんの不貞関係が発覚した後も、AさんとBさんは同居しており依然として夫婦関係は継続していたことは明らかであった上に、100万円以下の慰謝料では適当な金額とはいえないと反論しました。

    [結果]

    嶋田弁護士、亀山弁護士が強気に交渉した結果、Aさんが違約金条項を撤回することを条件にし、CはAさんに対して150万円を支払うという和解が成立しました。また、Cが有していたBさんに対する求償権を放棄させた結果、AさんはBさんとの生活を続けても何ら経済的不利益を負うことはなくなりました。

    このように、弁護士が早い段階から介入した結果、裁判や民事事件になることなく最小限度の負担で解決することができます。慰謝料の額についても、弁護士が強気に交渉することで、依頼者の希望に沿った金額を求めることができます。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚問題の解決事例一覧へ

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス