• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談90 慰謝料請求(29)

婚約破棄、婚姻関係解消に関する協議。

私は、婚約者のことを幸せにしたいと思っていました。けれど、仕事で悩むことが多くなり、それが落ち着くまで少し時間が必要でした。二人で話し合い、合意のもとで婚約を解消したはずなのに、こんな高額な慰謝料請求をされるなんて…


  • 相談者イメージ
    • 性別:男性
    • 年代:40代
    • 担当弁護士:
      井上 慶一 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、会社の部下であるBと結婚を前提に交際を始めました。
     その後、二人は同棲を始め、お互いの家族にも紹介し、結納を交わしたのち、Bは家庭に入るため会社を退職しました。

    同じ頃、Aさんは仕事を続けるかどうか悩むことが多くなり、状況が落ち着くまで、少し時間が必要でした。しかし、Bは結婚の話がなかなか進まないことに怒って、実家に戻ってしまいました。

    後日、Bの両親が具体的にいつ結婚するのかと迫ってきましたが、Aさんが今の時点では返答できないと答えると、二人は破局してしまいました。

    破局から1か月ほど経った頃、Bの代理人から婚約破棄に伴う慰謝料および婚約破棄による損害賠償として200万円を超える慰謝料を請求されました。

    [相談内容と弁護士対応]

    判例により婚約破棄に伴う慰謝料請求は認められています。
    しかし、請求されたのは、婚約破棄によって生じたBの精神的損害、退職後の給与など合わせて200万円を超える非常に大きな額でした。

    弁護士は、Aさんは当初婚約破棄を望んでいなかったこと、同棲中は生活費、保険料、住民税などを全てまかなっていたことなどを説明し、請求額では合意できないとして交渉を重ねました。

    [結果]

    交渉の結果、慰謝料は170万円以上減額され、50万円程度になり、和解が成立しました。

    婚約破棄によって、二人は別々の人生を歩むことになりましたが、慰謝料の支払いが当初の請求額の4分の1以下に減額されたことにより、Aさんの新しい生活に大きな支障をきたすことは回避できました。

    このように、当事者同士で話し合いをすすめるより、弁護士が仲裁することで、スムーズな解決ができることがあります。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚問題の解決事例一覧へ

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP