• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

離婚弁護士の解決事例Case

-- 離婚相談92 慰謝料請求(31)

私たち夫婦の関係を壊した不貞相手へ慰謝料請求。

夫の行動を探偵会社に依頼したところ、夫の不貞が見つかりました。夫との離婚はさておき、私たちの夫婦関係を壊した不貞行為の相手方には、きちんと慰謝料を支払ってもらいたいです…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 婚姻歴:15年
    • 子ども:2人
    • 担当弁護士:
      嶋田 葉月 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、夫のBさんと結婚して15年近くが経ち、2人の子どもにも恵まれました。一方で、夫のBさんは既婚者であるにもかかわらず、2年ほど前から会社の同僚であるCと交際を開始するようになっていました。

    夫の不審な行動から不貞関係を疑うようになったBさんは、夫が持ち帰った土産の紙袋から外泊を疑わせる勘定書を見つけました。

    ショックを受けたAさんは、これ以上、Cとの不貞関係をやめるようBさんに懇願したにもかかわらず、Bさんは、Aさんの話に耳を貸すことはありませんでした。

    Bさんの態度から、今後もCとの不貞関係を続ける可能性があると感じたAさんは、探偵会社に依頼して夫の行動を把握することにしました。

    その結果、BさんはAさんに内緒で、Cの自宅に通っていることがわかり、依然としてCさんとの交際を続けていることが発覚しました。

    [相談内容と弁護士対応]

    度重なる夫Bさんの不貞行為に落胆したAさんは、これ以上Cと接触することがないようにするため、公正証書を作成することをBさんに頼みました。しかし、BさんはAさんの頼みを聞き入れることなく、勝手に自宅を出て行き、Cの自宅に住み着くようになりました。

    Aさんは、Bさんとの夫婦関係をめちゃくちゃにしたCに対して、せめて慰謝料を支払ってもらいたいと考え、そのためにはどうすればよいのか当事務所に相談にいらっしゃいました。

    嶋田弁護士は、まず不貞相手であるCに対して、内容証明郵便を通じて、慰謝料として300万円を支払うよう求めましたが、その後、しばらくの間、Cから何らの返答がありませんでした。

    Aさんは、たとえ訴訟となってもCに対して慰謝料請求をしたいと考えていたため、嶋田弁護士は、Cを相手方として慰謝料請求の訴訟を裁判所に提起することにしました。

    [結果]

    訴訟の結果、裁判所は、Aさんに220万円の慰謝料を支払うようCに命じる判決を下しました。判決を得た嶋田弁護士は、確実にCから慰謝料を得ることができるように、Cの給与を差し押さえることにしました。

    その後、Cの代理人と話し合いを行い、CがAさんに200万円を支払う代わりに、Cの給与の差し押さえを取り下げる旨の和解が成立しました。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚弁護士の解決事例一覧へ

初回60分まで
無料法律相談実施中!

携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能

0120-272-585
無料法律相談のご予約

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP

--- その他の分野 ---

弁護士法人法律事務所オーセンス
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階
Copyright (c) Authense Law Offices. All Rights Reserved.

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

離婚・慰謝料・財産分与などの相談は
弁護士法人法律事務所オーセンス