• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談92 慰謝料請求(31)

夫を奪った不倫相手に慰謝料を請求したい…。

先日、夫が家を出て行きました。二年程前から同僚の女性と不倫していたようで、今はその不倫相手と生活しているようです。私たち夫婦をめちゃくちゃにした不倫相手に慰謝料を請求したい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:30代
    • 婚姻歴:10年以上
    • 子ども:あり
    • 担当弁護士:
      嶋田 葉月 弁護士
  • [背景]

    ある日、Aさんは夫が持ち帰った荷物から、夫が誰かと外泊したと思われるホテルの領収書を見つけました。

    夫の行動を不審に思ったAさんが、探偵会社に行動調査を依頼したところ、夫は、二年程前から同僚の女性B(以下、不倫相手B)と不倫をしていたことが分かりました。

    Aさんは、夫に不倫相手Bと別れるよう懇願しましたが、夫はAさんの話に耳を貸すことはありませんでした。
     夫の態度から、今後も不倫相手Bとの関係を続けるだろうと思ったAさんは、引き続き、夫の行動を調査するよう探偵会社に依頼しました。

    夫はその後も不倫相手Bと関係を続け、ある日、止めるAさんを振り切って、自宅を出て行ってしまいました。

    [相談内容と弁護士対応]

    Aさんは、夫婦関係をめちゃくちゃにした不倫相手Bに、慰謝料を支払ってもらいたいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

    弁護士は、まず不倫相手Bに対し、慰謝料として300万円を支払うよう内容証明郵便にて求めましたが、その後しばらくしても、不倫相手Bから返答は一切ありませんでした。

    そこで、弁護士はAさんと相談の上、不倫相手Bを相手方として、慰謝料請求の訴訟を裁判所に提起することにしました。

    [結果]

    裁判所は、慰謝料220万円を支払うようBに命じる判決を下しました。

    弁護士は、不倫相手Bから確実に慰謝料を得ることができるように、Bの給与を差し押さえることにしましたが、その後、Bの代理人と話し合いを行いを行い、BがAさんに220万円を支払う代わりに、Bの給与の差し押さえを取り下げる旨の和解が成立しました。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚問題の解決事例一覧へ

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP