• tel:0120-272-585

    携帯からもOK!24H受付、土日も相談可能
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

Case離婚弁護士の解決事例

-- 離婚相談98 慰謝料請求(32)

浮気を繰り返し、裏切った夫に慰謝料請求。

夫から突然、離婚を切り出されました。夫の携帯電話には、複数の女性との履歴がたくさん残っていました。探偵会社に行動調査を依頼したら、今は同僚の女性と浮気をしていました。夫とは離婚して、慰謝料もしっかり請求したい…


  • 相談者イメージ
    • 性別:女性
    • 年代:20代
    • 婚姻歴:3年
    • 子ども:なし
    • 担当弁護士:
      谷田部 真彰 弁護士
  • [背景]

    Aさんは、ある日突然、夫Bから離婚を切り出されました。そのときはまだ半信半疑でしたが、夫Bの携帯電話の履歴を確認すると、複数の女性との履歴がたくさん残っていました。

    決定的な証拠を得たいと思ったAさんが、夫Bの行動調査を探偵会社に依頼すると、同僚の女性と不貞関係(不倫・浮気)にあることがわかりました。

    改めて離婚の理由を問いただすと、夫Bはそのまま家を出て行ってしまい、その後しばらくは別居状態が続いていました。

    [相談内容と弁護士対応]

    夫Bの代理人から「直接話したい」と連絡がありましたが、Aさんは一人でどうしたらよいのか不安になり、ご相談いらっしゃいました。

    複数の女性と浮気を繰り返していた夫Bをどうしても許すことができないAさんは離婚を決心し、慰謝料をなるべく多く支払ってもらいたいと希望していました。

    弁護士は、夫Bに内容証明郵便を送り、慰謝料の支払いを求めると同時に、探偵会社の調査報告書、不貞関係(浮気・不倫)を裏付ける複数の証拠を提出し、強気な交渉を進めました。

    [結果]

    交渉の結果、Aさんに500万円を超える慰謝料が支払われることで、離婚が成立しました。

    弁護士は最後まで依頼者の味方です。このように、相手側に既に代理人がいる場合など、自分だけで戦おうとせず、弁護士に一度ご相談にいらしてください。



「慰謝料請求」の解決事例一覧

慰謝料請求の事例をもっと見る

離婚問題の解決事例一覧へ

離婚弁護士 無料相談 法律事務所オーセンス

  • 初回60分まで無料法律相談
  • 土日も相談可能です
  • 男性・女性弁護士が選べます

お問い合わせはこちら

0120-272-585 24h受付、携帯からも通話無料

大切なことだから
話す相手は選んでほしい

弁護士は、秘密保持の義務が法定され、高度の守秘義務があります。(弁護士法第23条)

法律事務所オーセンスは、法的観点から冷静に分析し、論理的に主張を続け、最良の解決・支援へ導くため全力を尽くします。

tel:0120-272-585

TOP